不適切にもほどがある?!鬼滅の刃とプーチンと小悪魔のカンケイ…「鬼」について考えた【スマニュー+ほんのれん】

2024/05/13(月)09:07 img
img

ほんのれん編集部は、ニュースアプリ「スマートニュース」内の「スマートニュース+」でも連載中。2024年4月には、「鬼はソト?鬼はウチ?」というテーマで、6本の記事を公開しました!

 

遊刊エディストでは、すべての記事を一挙公開。炭治郎からプーチンまで、こち亀両さんから、あの炎上芸術家まで、ポップにキュートに掘り下げます。

 

※それぞれのタイトルやバナーをクリックすると、アプリをダウンロードしていなくても記事が読めます。

「鬼」マンガが流行る理由!悪役が味方に変身する、日本文化独自のカラクリとは

ほんのれん編集部ウメ子のひとこと:

鬼滅の刃も呪術廻戦も進撃の巨人も犬夜叉も、人気マンガは「鬼」が主要キャラになる。それってどうして? どうして正義のヒーロー・桃太郎じゃなくて、鬼が主人公になるの? そんな問いを考えていったら、なんと『日本文化の核心』にたどり着いたのでした。

 

嫉妬で生霊になった『源氏物語』の六条御息所。現代の精神科医なら、どう寄り添う?

ほんのれん編集部ウメ子のひとこと:

情歴イベントでも本楼に来てくださった安田登さんの本をもとに、なぜ六条御息所が生霊になっちゃったのか? もし、現代の精神科医が六条さんに寄り添うならどうするのか? を考えています。めっちゃ意外な結論でました。

 

現代社会に生き続けるエクソシスト!?人類が「悪魔」に魅了されるパラドックスとは

ほんのれん編集部ウメ子のひとこと:

プーチン大統領って「首席エクソシスト」なんですって。キリスト教と悪魔ってどんな関係にあるの? そのあたりを掘っていったら、神様が悪魔に依存している様子が見えてきたりして。プーチンと小悪魔の意外なカンケイを探ります。

 

不潔こそ最強?! 感染症を 封じ込めた先進国に◯◯ 疾患が多い理由

ほんのれん編集部ウメ子のひとこと:

コロナ禍でせっせと手洗い・アルコール消毒するようになった私たち。もしかして、もしかすると、清潔は危険なのかもしれない……?!こち亀・両津勘吉の不潔最強伝説がヤバイ。

 

「不適切」が時代を作る!炎上芸術家はなぜ、時代の 革命児になったのか

ほんのれん編集部ウメ子のひとこと:

ドラマ「不適切にもほどがある」、見ました? なんであのドラマが受けたのか、そんな理由を考察しつつ、あの日本が誇る「不適切」な芸術家の壮絶な人生に迫りました。

 

 

「正しさ」偏重社会に一石を投じる!「鬼的なるもの」の底力を考える30冊のブックリスト

ほんのれん編集部ウメ子のひとこと:

全6本の記事で、ほんのれん編集部がとりあげた本30冊を一気に紹介!この記事をスクショしておけば、「鬼」や「異質」「ウチとソト」を考えるときにヒントになる本がざくざく。

 

 

▼前回のシリーズはこちらから

 

時間とお金に縛られない!
「タイム・イズ・マネー」を捉えなおすための30冊

 

 

■ほんのれん編集部は、podcast「ほんのれんラジオ」も配信中。

2024年2月配信分では、「鬼」にまつわるエピソードをお話しています。

 

■「ほんのれん」は、問い対話を起こす一畳ライブラリー。詳細を知りたい方、導入をご検討の方は公式HPよりお問い合わせください。https://honnoren.jp/


  • ほんのれん編集部

    編集工学研究所×丸善雄松堂が提供する一畳ライブラリー「ほんのれん」の選書やメディア制作を手掛けるメンバー。関西弁で跳ねるデザイン知カンガルー・仁禮洋子(ニレヨーコ)、小鳥の風貌ながら知的猛禽類な山本春奈(はるにゃ)、昭和レトロを愛する果敢なコンパイル亀・尾島可奈子(おじー)、2倍速で情報収集する雑読チーター・梅澤奈央(ウメコ)ほか。ほんのれんラジオは毎週水曜更新中。