【MEditLab×多読ジム】直感を信じて、味わう(中谷千恵)

2023/04/10(月)08:00
img

多読ジム出版社コラボ企画第四弾は、小倉加奈子析匠が主催するMEditLab(順天堂大学STEAM教育研究会)! お題のテーマは「お医者さんに読ませたい三冊」。MEdit Labが編集工学研究所とともに開発したSTEAM教材「おしゃべり病理医のMEdit Lab-医学にまつわるコトバ・カラダ・ココロワーク」で作成したブックリストから今回のコラボ企画のために厳選した30冊(https://edist.isis.ne.jp/guest/tadoku_meditlab/)が課題本だ。読衆はここから1冊選び、独自に2冊を加えて三冊セットを作り、レコメンドエッセイ三冊屋(500〜600字)を書く。MEdit賞はいったい誰の手に?

 

 耳を澄ませるのだ。自分の心の声に。いかに生きる、と、いかに死ぬかは同じことである。病により残された日々が少ないライオンの家にいる雫はそれでも最後まで人生を味わいつくそうと思う。瀬戸内の自然の中にあるホスピスで、もう一度食べたい記憶の中のおやつが、人と人とをつないでゆく。
 人間は自然の一部である。きれいだなあ、いいなあと感じる心、いい手だなあと思うこと。はしと人間のあいだでいただきますをして食を味わうこと。言葉で結界を解き命と心を重ね共鳴する。調理中の音や色、匂い、感触、食材の気持ちよさそうな表情を感じ取る。それらはすべて直感であり生きることの本質。
 そして、自然の環境破壊と人間の身体の中の細胞の変化も呼応し合う。食べるものにより人間の身体の細胞は変化する。ほんものを見分ける眼がほしい。
 それぞれが心地よさを心の置き場をつくることに向かって奔走する。料理の記憶は、ひとを形成している一部。がん細胞も実は自分の一部。人生とは、すべて食べることから始まっている。だけど、人は生きている限り変わるチャンスがある!

 

Info


⊕アイキャッチ画像⊕
∈『ライオンのおやつ』/小川糸/ポプラ社
∈『一汁一菜』/土井善治/グラフィック社
∈『がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事』/フレンチシェフ 神尾哲男/幻冬社

⊕多読ジムSeason13・冬⊕
∈選本テーマ:お医者さんに読ませたい三冊
∈スタジオ*スダジイ(大塚宏冊師)

  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • 遊刊エディスト一時休止期間のお知らせ

    遊刊エディストをいつもご愛読いただき、ありがとうございます。  2019年9月開設以降、「毎日更新」を続けてきたエディストですが、この度サーバー移行のため一時休止期間をいただきますことお知らせいたします。  休止期間 […]

  • 202405-oshikiji-cover

    エディスト編集部のイチ推しセレクション [2024年5月]

    公開されるエディスト記事は、毎月30本以上!そのなかからエディスト編集部メンバーが厳選した、もう一度読みたい注目の”今月の推しキジ” をお届けしています。   今回は4月に公開された記事の中から、選りすぐりを紹 […]

  • エディスト編集部のイチ推しセレクション [2024年4月]

    公開されるエディスト記事は、毎月30本以上!そのなかからエディスト編集部メンバーが厳選した、もう一度読みたい注目の”今月の推しキジ” をお届けしています。   今回は3月に公開された記事の中から、推しキジを紹介 […]

  • 『情報の歴史21』アカデミックセット発売決定!(教育機関及び学生・生徒向け)

    株式会社編集工学研究所は、この度『情報の歴史21』(松岡正剛監修、編集工学研究所著・編集)を「アカデミックセット」として教育機関・学生向け価格で販売開始することを決定しました。   「アカデミックセット」では『情報の […]

  • 5月のこいのぼり(do-sayカバー画像)

    イシスDO-SAY 2024年5月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2024年5月の行事をまとめて一挙ご案内いたします。   ●まだ間に合う!年に2回しか開催さ […]