松岡正剛 書の推敲プロセス初公開!

2019/10/05(土)19:49 img
img

 稽古と本番のAIDA。

 

 2019年10月5日に開講した、第15期ハイパーコーポレートユニバーシティ(HCU)のテーマだ。

 

 毎回のテーマを松岡校長(HCUでは塾長である)は書に掲げ、会場でHCU塾生を出迎える。とはいえ、書も一発で「本番」とはならない。ここに松岡正剛「稽古」の推敲プロセスを公開する。

 

1稿目

稽古と本番のアイダが詰まりすぎている。

 

2稿目

コンポジションがいまいち。「と」が要らないと判断。稽古と本番の差をつけよう。

 

3稿目

「と」を取って、稽古と本番の筆を変えてみる。「大」と「十」を組み合わせていた「本」を普通の字に戻す。

 

4稿目

薄墨で縦線を引く。「稽」ののぎへんの「ノ」と、「番」の「ノ」が同じ斜め線になっていたので書き方を編集。これにて完成。

 

 

 文章も書もイベントも、その場その人その時を思いながら、何度も推敲を繰り返していく。松岡正剛の編集実践の日々。

 

 

 

本番を囲むたくさんの稽古。松岡校長の妹の名もケイコ。

 

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。
    NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。倶楽部撮家として、ISIS編集学校Instagram(@isis_editschool)更新中!

  • インスタ投稿企画 第2弾《一人一撮 edit gallery『性の境界』》多読ジム×倶楽部撮家

    マーキュリーとは、ギリシア神話のヘルメスを意味する。泥棒、商売、旅人の守護神であり、霊魂の導者でもある。様々な境界を超えるマーキュリーという神の名をフレディ・マーキュリーが自ら名乗ったのは至極当然のことのように思う。 […]

  • 松岡正剛 傘寿祝い「セイゴオ部品あり〼。」倶楽部撮家

    リカちゃん人形よりもその小さな靴に愛着を感じたり、消しゴムの削りカスをずっといじっていたり、牛乳瓶の蓋だけ集めたり、そんなことをしていた幼い記憶はないだろうか。「部分は全体を凌駕する」とは松岡正剛の言葉。少年は一本の車 […]

  • [守]用法4 情報の表現 ー 林頭吉村の編集解説Vol.05

    編集工学研究所 吉村堅樹が「編集」や「編集学校」について、ミニ動画で解説をする「林頭吉村の編集解説」をイシス編集学校インスタグラムで公開中です。    [守]で編集稽古する4つの用法を林頭吉村堅樹が解説するシ […]

  • エディスト・クロニクル2023 #03 モンスターを出しなさい

    プロ野球阪神が「アレ(A.R.E.)」を果たし、大谷翔平はドジャースへ。藤井聡太は7冠に留まらず前人未到の8冠を達成した。イシスだって負けてはいない。50[破]が教室数記録を更新すれば、[花伝所]はさらに寄せてあげるプ […]

  • エディスト・クロニクル2023 #02 エディット群島の躍動

    市川猿之助、日大アメフト、ジャニーズ。大きなものの何かが崩れていくのを連日の報道で目の当たりにした夏。本楼では、コロナ明けでイベントも全面的にリアル開催へ。ワークショップエディター基礎講座、多読ジムSP今福龍太を読む、 […]