編集用語辞典 05 [別院]

2022/02/24(木)08:53
img

黒板に、細く曲線を引いた美しい文字。やがて、窓越しに月明かりを映すセピア色の本の頁が浮かび上がり、どこか懐かしい、松岡校長の声を孕んだかのような語りが胸の奥へと響いてくる。『フラジャイル』に続く、校長の本の宇宙=ビブリオコズムを映像化した「册影帖」第二弾『雑品屋セイゴオ』は、エディストの金宗代副編集長が朗読を担当している。

 

校長の幼な心の内側をカレイドスコープで覗き込んだような册影帖は、記憶のガジェットをちりばめ、青少年の裏地をはたはたと仄めかせ、手近な馴れ親しんだオブジェが隠し持っている遠い世界への通路を開いてゆく。本を「目と手と脳で触れるオブジェ」へとメタモルフォーゼさせ、新たな別様の可能性を生みだす音と映像と声に、見る者はいつしかあの向こうの気配を感じ、陶然となる。

 

編集稽古の【守】と【破】には、それぞれの教室や期を超えて集う別院がある。

別院とは、もともと本山に準じて別に設けられた寺院のことを指す。別所とも言い、学問研究や修行のための庵や道場にも、教えを広める化他の場にもなる。千夜千冊では、中世の寺社勢力の近辺に生まれたアジール(無縁所)としても、別所が紹介されている。

 

イシスのネット上の別院は、[守]のお稽古の一種合成やミメロギアを競う番選ボードレールの賞、あるいは [破]の知文術や物語編集術のアワードであるアリスとテレス賞を発表するハレの舞台となる。さらには一人ひとりへの丁寧な講評の場にもなる。また別の日には、師範によるとっておきのレクチャーを聴く講堂にもなる。毎期、守破のお題を解説する講義は、情報を着替え、持ち替え、しつらいも変幻自在に世界定めをし、擬き、肖る。そのたびに馴染みのお題が隠し持つ別様の可能性が展かれていく。その方法は「册影帖」の見立てや本歌どりにも似て、言葉にならない編集の奥を手繰り寄せ、格別のアナザー・ヴァージョンを表象しつづけている。

 

 

画像デザイン:穂積晴明

 

【参考リンク】

千夜千冊第1758夜 『アジール』オルトヴィン・ヘンスラー

千夜千冊第1793夜 『世界制作の方法』ネルソン・グッドマン

【オツ千vol.18】 世界は一つじゃないんじゃい

 

§編集用語辞典

 01[編集稽古]

 02[同朋衆]

 03[先達文庫]

 04[アリスとテレス大賞]

 05[別院]

  • 丸洋子

    編集的先達:ゲオルク・ジンメル。鳥たちの水浴びの音で目覚める。午後にはお庭で英国紅茶と手焼きのクッキー。その品の良さから、誰もが丸さんの子どもになりたいという憧れの存在。主婦のかたわら、翻訳も手がける。

  • 編集用語辞典 17 [編集思考素]

    千夜千冊『グノーシス 異端と近代』(1846夜)には「欠けた世界を、別様に仕立てる方法の謎」という心惹かれる帯がついている。中を開くと、グノーシスを簡潔に言い表す次の一文が現われる。   グノーシスとは「原理的 […]

  • 編集用語辞典 16 [物語編集力]

    木漏れ日の揺らめく中を静かに踊る人影がある。虚空へと手を伸ばすその人は、目に見えない何かに促されているようにも見える。踊り終わると、公園のベンチに座る一人の男とふと目が合い、かすかに頷きあう。踊っていた人の姿は、その男に […]

  • 編集用語辞典 15 [アブダクション]

    デーモンとゴーストの長年にわたる秘密の対話が、ずっしりと持ち重りのする新書となって、名残の月の美しい季節に書店へと舞い降りた。数理科学者の津田一郎氏と編集工学研究所の松岡正剛が、それぞれの専門性の際をインタースコアした対 […]

  • 編集用語辞典 14 [インタースコア]

    名月や池をめぐりて夜もすがら   『月の裏側』という美しい本がある。著者のクロード・レヴィ=ストロースは幼い頃、父親にもらった歌川広重の版画にすっかり心を奪われ、遠い東の国に恋をしたという。何度めかの日本訪問の […]

  • 編集用語辞典 13 [番選ボードレール]

    画家オディロン・ルドンを目に見えない世界へ導いたのは、植物学者アルマン・クラヴォーだった。ルドンによるとクラヴォーは無限に微小なものの研究をしていて、「知覚できる世界の境界線にあって、動物と植物の中間の生命、花というか存 […]