回転する宇宙から話がはじまる「册影帖 全宇宙誌」撮影現場10shot

2023/04/23(日)12:28
img

 撮影が始まったのは数ヶ月も前のこと。「次の册影帖は『全宇宙誌』でいく」と耳にして、撮影スタジオとなった本楼に伺ったのは昨年の秋だった。

 册影帖とは写真家 川本聖哉さんが松岡正剛の編著作を映像化するプロジェクト。これまでに『フラジャイル』『雑品屋セイゴオ』がセイゴオちゃんねるで公開されてきた。

 『全宇宙誌』(1979年/工作舎)は、7年もの年月をかけて制作された本で、今やなかなか手にする事のできない貴重本である。アートディレクション杉浦康平、編集・構成 松岡正剛他。想像がつくだろうか?細部に至るまで丁寧な仕事が施されたあの漆黒の本をどうやって映像として翻訳をするのか。

 『全宇宙誌』の映像化に挑んだ川本聖哉さんの撮影現場の一部を10shotでお届けする。

 

册影帖第三弾『全宇宙誌』

本編はセイゴオちゃんねるで公開中。視聴はこちらから。

 

 

◆本楼に小さな宇宙出現

自然光の差す本楼入り口「井寸房(sensunbo)」に並べられたのは、丸く切り取られた本のページ。太陽光で動く小さなターンテーブルが土台のため、刻々と変わっていく陽の光に合わせて、少しずつ位置を移動していく。

 

ターンテーブルは高さを違えて配置されている。光が差し込む限り健気に回り続けるページたち。回転速度がそれぞれ異なり、見ているうちに目が離せなくなる。

 

ファインダーを覗き『全宇宙誌』に集中する川本さん。撮影した動画をどう編集し、作品にしていくのか。最終イメージは川本さんの頭の中にだけある。

 

エンディング音楽のピアノ演奏を担当した上杉公志(写真手前)。小口のフラムスチード天球図とアンドロメダ星雲を綺麗に見せるため、本をしならせるという大役も果たしていた。

 

◆この本はめんどくさい相手

「この本は解体するにはめんどくさい相手なんです。『全宇宙誌』を相手に負けないで遊んでほしい」

最初のテスト動画を視聴し、当時の杉浦康平さんとの制作エピソードを交えながら、川本さんに感想を伝えていく松岡。

 

◆球体の秘密

川本さん特製の”全宇宙誌ミラーボール”には、松岡手書きの方程式がどこかに印字されている。ミラーボールは期間限定で本楼の一角に飾られている。本楼を訪れた方は、その実物をぜひ探し出して欲しい(ラッキーだったら見られるかも)。

 

タイプディレクションを担ったデザイナー穂積晴明(写真上・右側)とミラーボールを完成させ、真っ暗の本楼に球体となった『全宇宙誌』が浮かび上がる。

 

◆最後に命を吹き込む

最初の撮影から数ヶ月を経て、仕上がった動画作品を視聴する。あとは松岡の朗読を録音するだけ。完成は間近である。

 

何度かのテイクを重ねて録音も無事に終了。どのフレーズが、どのように朗読されたのかは、本編で存分に堪能いただきたい。

 

册影帖第三弾『全宇宙誌』

本編はセイゴオちゃんねるで公開中。視聴はこちらから。

 

◎関連記事

【NEWS】册影帖第三弾『全宇宙誌』を公開(セイゴオちゃんねる)

フェチを映像実験する「册影帖 雑品屋セイゴオ」10shot

ついに公開!セイゴオ本が動画になる「册影帖」制作裏舞台 10shot

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。
    NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。倶楽部撮家として、ISIS編集学校Instagram(@isis_editschool)更新中!

  • インスタ投稿企画 第2弾《一人一撮 edit gallery『性の境界』》多読ジム×倶楽部撮家

    マーキュリーとは、ギリシア神話のヘルメスを意味する。泥棒、商売、旅人の守護神であり、霊魂の導者でもある。様々な境界を超えるマーキュリーという神の名をフレディ・マーキュリーが自ら名乗ったのは至極当然のことのように思う。 […]

  • 松岡正剛 傘寿祝い「セイゴオ部品あり〼。」倶楽部撮家

    リカちゃん人形よりもその小さな靴に愛着を感じたり、消しゴムの削りカスをずっといじっていたり、牛乳瓶の蓋だけ集めたり、そんなことをしていた幼い記憶はないだろうか。「部分は全体を凌駕する」とは松岡正剛の言葉。少年は一本の車 […]

  • [守]用法4 情報の表現 ー 林頭吉村の編集解説Vol.05

    編集工学研究所 吉村堅樹が「編集」や「編集学校」について、ミニ動画で解説をする「林頭吉村の編集解説」をイシス編集学校インスタグラムで公開中です。    [守]で編集稽古する4つの用法を林頭吉村堅樹が解説するシ […]

  • エディスト・クロニクル2023 #03 モンスターを出しなさい

    プロ野球阪神が「アレ(A.R.E.)」を果たし、大谷翔平はドジャースへ。藤井聡太は7冠に留まらず前人未到の8冠を達成した。イシスだって負けてはいない。50[破]が教室数記録を更新すれば、[花伝所]はさらに寄せてあげるプ […]

  • エディスト・クロニクル2023 #02 エディット群島の躍動

    市川猿之助、日大アメフト、ジャニーズ。大きなものの何かが崩れていくのを連日の報道で目の当たりにした夏。本楼では、コロナ明けでイベントも全面的にリアル開催へ。ワークショップエディター基礎講座、多読ジムSP今福龍太を読む、 […]