【来たれ、三日坊主祭!】⼤惨寺にて一服

2024/04/03(水)12:00
img

 喫煙者が隔離されるようになって久しい。全面禁煙のビルも珍しくなくなった。世の中はますますダークサイドに取り込まれているようだ。

 

 スーザン・ソンタグの不敵な睥睨、開高健の凛々しい風貌を見よ。一本のタバコが人類に、尋常ならざる飛躍と揺らぎをもたらすことを実感できる。今宵も一本のタバコに賭けてみる。

 

 しゅぽっと火をともし、白煙をふわっと燻らせると、スクリーン向こうの電脳空間から、大惨寺への参道が見えてくる。先日の感門之盟では、多読ジムの秘境性が語られたが、大惨寺ももうひとつの秘境なのだ。突破者ならば、読みと笑いの多焦点を捉えて、ぎゅいぎゅいと楕円状の軌跡を逍遥できるだろう。

 

 一本を吸い終える時間があればよい。ほんの一服が思考を和らげ、放つ一句に連想が拡幅する。現在1000日興行の真っ最中であるが、本来大惨寺にはいつでもどこでもアクセス可能。この期間限定(4/5-13)の『遊夕三日坊主興行』にて、ちょいと覗いてみようじゃないか。(尚、非喫煙者も参詣可能である)

文・写真/破綻


◎大惨寺百番大祭●遊夕三日坊主興行

■開催期間 ※この期間だけお題のメール配信が解禁されメール回答が可能になります

前半︓4/5(金)・4/6(土)・4/7(日) 

後半︓4/11(木)・4/12(金)・4/13(土)


(アイキャッチ画像)

 スーザン・ソンタグ『私は生まれなおしている 日記とノート1947-1963』河出書房新社

 開高健『瓶の中の旅:酒と煙草のエッセイ傑作選』河出文庫

 芥川龍之介ほか『もうすぐ絶滅するという煙草について』キノブックス

 

  • シン・お笑い大惨寺 遊夕番遊夕番

    編集的先達:一休宗純、川上音二郎、椿三十郎、四方赤良。イシスと社会の狭間に生まれし「シン・お笑い大惨寺」。この河原から毎夕声を発するは人呼んで「遊夕番」。時には抜き身の刀のごとくギラギラと、時にはヌメヌメ艶っぽく、この世もわが身も笑い飛ばす。髑髏を蹴飛ばしオッペケペぇ、雨降らば降れ風吹かば吹け。

  • 惨坊たちの大嵐!驚異の167投稿(大惨寺三日坊主祭★開催中)

    遊夕番たちは戦慄していた。「167」という数字に、である。  [守]の番ボー最終日の投稿数だろうか? 否、167とは他でもない、大惨寺「三日坊主祭」での投稿数である!     4月5日、ドドンっと号砲とともに […]

  • 【来たれ、三日坊主祭!】穴場はどこじゃ?

    寄ってたかってお節介な『お笑い大惨寺』遊夕番の輩。ぽっぽとサクラサク卯月の二日目、遊刊エディストで悪目立ちする大惨寺を許せい。 日めくりか? 坊主めくりか!? いや、三日坊主巡りだ!   イシス編集学校に身を置 […]

  • ウチソトつらぬき “遊夕” 自適★シンメンバー予告!

      ■あたかも消化管のごとく…    わたしたちの外側にありながら、内側ぜんぶをつらぬいているものってなんでしょう?     代表的な答えのひとつは消化管です。口からお尻にわたって全長9メー […]

  • チラ見せ「圧刊大惨寺」

    「異国のサンタも金次第」(シェイクスピザ・作)と申しますが、そのサンタが唯一活躍する日に、エディットカフェで始まったのが「シン・お笑い大惨寺」でございます。  毎朝、「大入道2000」から吐き出されるお題をめぐり、歓声 […]