【松岡正剛 映写室 Take-07】どんなものも夢のように創る

2022/09/05(月)08:56 img
img

【松岡正剛 映写室】は師範の林が松岡正剛の表舞台、裏舞台を動画撮影した記録を蔵出ししていくEdist企画です。

【Take-07】は「千夜千冊の秘密」の秘密インタビュー番外編です。場所を本楼(編集工学研究所内)から同館内にある松岡の書斎に移して聞きたいけど聞けなかった、小さな疑問にも答えてもらいました。
本棚がぐるりと囲む部屋の奥に松岡は座って仕事をしている。ここで幾多の千夜千冊や著作が生まれているかと思うと広大な宇宙と繋がれるような気持ちになる。今回はいつも撮影を担当してくれている、エディスト編集部の後藤由加里師範から「問い」を投げてもらった。松岡がイベントを演出する際に「夢のようなものを創るつもりでやりなさい」とテクニカルスタッフにディレクションしていたことがずっと気になっていたからだ。編集学校で開催されるイベント(感門之盟や伝習座など)で、後藤自身が「夢」を受け取り続けてきたからこそ、聞きたかった秘密であり、カメラを本格的に始めるキッカケもここにある。

 

【松岡正剛 映写室 Take-07】どんなものも夢のように創る

 

※2021年4月初旬に行ったインタビュー映像と2020年8月に開催された丸善創業150周年記念イベント「千夜千冊の秘密」本番のドキュメント映像を使用して編集しています。

 

撮影・編集 林朝恵
撮影・アイキャッチ写真 後藤由加里
協力 松岡正剛事務所 丸善雄松堂

 

【Back Number】

【松岡正剛 映写室 Take-01】どこでも読む書く

【松岡正剛 映写室 Take-02】黒板で思考をキリトル

【松岡正剛 映写室 Take-03】講演は舞台のように

【松岡正剛 映写室 Take-04】校長もREMIXする78感門

【松岡正剛 映写室 Take-05】本を主人公にする★祝1800夜

【松岡正剛 映写室 Take-06】演出でインタースコアする

  • 林朝恵

    編集的先達:ウディ・アレン。「あいだ」と「らしさ」の相互編集の達人、くすぐりポイントを見つけるとニヤリと笑う。NYへ映画留学後、千人の外国人講師の人事に。花伝所の運営、倶楽部撮家で撮影・編集とマルチロールで進行中。

  • 【Portrait Shot #02】高本沙耶が撮られた背中!

    シリーズ化が決定しました! 倶楽部撮家でもおなじみの写真家・後藤由加里がイシス編集学校に関わる人たちをモデルにして撮影をしていく企画です。後藤はライフワークとして、松岡正剛を撮影し続けていますが、並行して昨年より新しいモ […]

  • インスタのストーリーもTIDE来る!【83感門】

    きたきたー!波さわぐ、ゴジラも驚く「第83回感門之盟」Day-1がスタートしました。 松岡正剛校長は「編集学校は船に乗ること、誰かを船に乗せること」と冒頭の挨拶で語ってましたが、それって、この大海原を我々が共に渡る方法が […]

  • 【花伝所スペシャルEdit Tourレポート】師範代モデルで「カワル」を体験!

    花伝所の秘伝で何がカワル? 3/3(日)雛祭りの日、日差しが降り注ぐ午後、18名の参加者がオンライン・エディットツアーに集った。入門前の初心者から[守・破]を修了した学衆(受講生)まで相互に混ざりながら、編集ワークやレク […]

  • 【花伝所プレゼンツ・エディットツアー】3/3(日)師範代の編集術がわかる・コミュニケーションがかわる

    ひらひらとおぼつかないからコミュニケーションは生まれる。   SNS、リモート時代に入り、コミュニケーションを取り巻く環境は大きく変わってきました。これまでつながることができなかった人たちと簡単につながることが […]

  • 39[花]キャンプでアートが吹き寄せた

    花伝所では毎期、2日間に渡るキャンプがある。キャンプといっても野外で行われるわけではなく、全てインターネット上のラウンジで、テキストのみで行われる。仲間と共に「読む・書く」を繰り返しながら、深い森や洞窟へと分け入って宝探 […]