レオーニ展とセイゴオ千夜のあいだ 開催は9月29日まで@新宿

2019/09/24(火)20:02 img
img

 『スイミー』にはレオーニの根本哲学が潜んでいる。千夜千冊第179夜『スイミー』は、この物語の一般的な解釈を覆す。これはみんなで力を合わせようというだけの話ではない。個々の意識は群れ全体と共振し、有機的な意味をなす。「部分は全体を感じているはずだ」と。

 

 レオーニは絵本作家として有名だが、その一方で、時空のあわいに棲む架空の植物を描いた緻密な研究書『平行植物』も著した。1980年、これを工作舎が翻訳・出版して話題となった。新宿駅から程近い損保ジャパン美術館で開催中の「みんなのレオ・レオーニ展」では、平行植物の絵画や立体作品『幻想の庭』も展示されている。

 

『平行植物』(レオ・レオーニ、工作舎)


 松岡正剛校長と「間の本」をつくったとき、レオーニは「セイゴオ、次は二人で大人のための絵本をつくろう」と誘う。だが、残念ながら実現しなかった。二人の幻の絵本は「小石が語る」はずだった。展覧会場では小石どうしがお喋りしているキネティック作品がある。大事な秘密を分かち合っているようなひそひそ声は、何を語っているのだろう。「みんなのレオ・レオーニ展」は9月29日まで。

 

『間の本』



千夜千冊第179夜『スイミー』

 

  • 丸洋子

    編集的先達:ゲオルク・ジンメル。鳥たちの水浴びの音で目覚める。午後にはお庭で英国紅茶と手焼きのクッキー。その品の良さから、誰もが丸さんの子どもになりたいという憧れの存在。主婦のかたわら、翻訳も手がける。

  • 編集用語辞典 17 [編集思考素]

    千夜千冊『グノーシス 異端と近代』(1846夜)には「欠けた世界を、別様に仕立てる方法の謎」という心惹かれる帯がついている。中を開くと、グノーシスを簡潔に言い表す次の一文が現われる。   グノーシスとは「原理的 […]

  • 編集用語辞典 16 [物語編集力]

    木漏れ日の揺らめく中を静かに踊る人影がある。虚空へと手を伸ばすその人は、目に見えない何かに促されているようにも見える。踊り終わると、公園のベンチに座る一人の男とふと目が合い、かすかに頷きあう。踊っていた人の姿は、その男に […]

  • 編集用語辞典 15 [アブダクション]

    デーモンとゴーストの長年にわたる秘密の対話が、ずっしりと持ち重りのする新書となって、名残の月の美しい季節に書店へと舞い降りた。数理科学者の津田一郎氏と編集工学研究所の松岡正剛が、それぞれの専門性の際をインタースコアした対 […]

  • 編集用語辞典 14 [インタースコア]

    名月や池をめぐりて夜もすがら   『月の裏側』という美しい本がある。著者のクロード・レヴィ=ストロースは幼い頃、父親にもらった歌川広重の版画にすっかり心を奪われ、遠い東の国に恋をしたという。何度めかの日本訪問の […]

  • 編集用語辞典 13 [番選ボードレール]

    画家オディロン・ルドンを目に見えない世界へ導いたのは、植物学者アルマン・クラヴォーだった。ルドンによるとクラヴォーは無限に微小なものの研究をしていて、「知覚できる世界の境界線にあって、動物と植物の中間の生命、花というか存 […]