50[守]師範が選ぶ「冬に読みたい千夜千冊」

2023/03/03(金)08:36
img

 「ナツセン」「アキセン」と続いた「○○に読みたい千夜千冊シリーズ」が再びやってきました。今回は50[守]師範・番匠が冬に読みたい千夜千冊「通称フユセン」をエディションシリーズから選びました。ISIS編集学校のInstagramFacebookで連載公開したフユセン、遊刊エディストではまとめてお届けします。

選本:50[守]師範・番匠

撮影:堀田幸義・エディストカメラ部


 

千夜千冊エディション『宇宙と素粒子』より

 1061夜『時間の矢』リチャード・モリス
 「時間とは何か」と、大きな問いを考えてみる。調べ始めて問いを分節化していくと、問いが問いを生み出し無限ループに陥ってしまう。隠れた複雑さに気づき問題が不可解に変わるが、時間を考えるのは楽しくて時間を忘れてしまう。
選者 堀田幸義(師範)

写真 堀田幸義

 

◆千夜千冊エディション『面影日本』より
 キラキラ光るモミの木は一夜で門松と鏡餅に変わり、第九が流れて除夜の鐘が鳴る。有名人が豆をまくと同時においしそうなチョコレートが所狭しと並び始める。よりどりみどりの寄せ鍋ニッポン。出汁や土鍋にもカーソルを向けたい。
選者 森本康裕(師範)

写真 後藤由加里

 

◆千夜千冊エディション『芸と道』より
 2018年大晦日。この年最後に更新された一夜が桂米朝『一芸一談』だった。正月に繰り返し目を通したせいか、冬よりもお正月の印象が強いのだが…。それにしても昭和の芸談の色っぽさと奥深さよ。芸を磨き抜くと言葉も輝くのだ。
選者 景山和浩(番匠)

写真 阿久津健

 

◆千夜千冊エディション『読書の裏側』より

 1527夜『本から引き出された本』マイケル・ディルダ
 本は裏側でもっと際どいものにつながっているはずで、そこに向かうにはときには玄関からではなく裏口から忍び込むのも大事。字を追いかける=読むにしてしまうのは大変勿体ない、というか、それでは肝心かなめなところに行けないかも?
選者 佐藤健太郎(師範)

写真 木藤良沢

 

◆千夜千冊エディション『読書の裏側』より

 「とてつもなく驚異的な随筆だ」の一言にハッとして手にした。愉快な思考がその本の中で淡々と踊るように、メタファーや見立ての言葉となって巡る。力み無く読めた西脇順三郎の文体がじわじわと身体に滲みる。もう一度読むべき一冊になった。
選者 若林牧子(番匠)

写真 木藤良沢

 
◆千夜千冊エディション『本から本へ』より
 1632夜『それでも、読書をやめない理由』デヴィッド・L・ユーリン
 植物の開花の準備は、一定期間の低温を経ないと、はじまらない。リアル本にとって、厳しい状況が続いている昨今は、春に向かう仕込みのための時間。「本族」を標榜する我々は、手がかじかんでも「読む」と「書く」の手を止めてはならない。
選者 阿曽祐子(師範)

写真 牛山惠子

 

千夜千冊エディション『物語の函』より

 0580夜『アンナ・カレーニナ』レフ・トルストイ

 真冬の駅でヴロンスキーと出会ったアンナ。恋の自覚は吹雪の駅での再会時。その果てに列車に身を投げたアンナ退場後も物語は続き、夏の生命感溢れる農場におけるリョーヴィンの悟りが幕切れ。タイトルロールだけが主人公ではない、と気づく第8部の充実に驚く。
選者 相部礼子

写真 後藤由加里

 

◆千夜千冊エディション『編集力』より
 1302夜『フィギュール』ジェラール・ジュネット
 フィギュールは、ひとつひとつ異なる「意味のタペストリー」を引き連れながら、常にチラチラと舞っている。それは白い雪の結晶のように、うっかりすると溶けて消えてしまう。冬の夜、雪を蝶に見立てて読みふけりたい千夜です。
選者 阿部幸織(師範)

写真 林朝恵

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。
    NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。倶楽部撮家として、ISIS編集学校Instagram(@isis_editschool)更新中!

  • インスタ投稿企画 第2弾《一人一撮 edit gallery『性の境界』》多読ジム×倶楽部撮家

    マーキュリーとは、ギリシア神話のヘルメスを意味する。泥棒、商売、旅人の守護神であり、霊魂の導者でもある。様々な境界を超えるマーキュリーという神の名をフレディ・マーキュリーが自ら名乗ったのは至極当然のことのように思う。 […]

  • 松岡正剛 傘寿祝い「セイゴオ部品あり〼。」倶楽部撮家

    リカちゃん人形よりもその小さな靴に愛着を感じたり、消しゴムの削りカスをずっといじっていたり、牛乳瓶の蓋だけ集めたり、そんなことをしていた幼い記憶はないだろうか。「部分は全体を凌駕する」とは松岡正剛の言葉。少年は一本の車 […]

  • [守]用法4 情報の表現 ー 林頭吉村の編集解説Vol.05

    編集工学研究所 吉村堅樹が「編集」や「編集学校」について、ミニ動画で解説をする「林頭吉村の編集解説」をイシス編集学校インスタグラムで公開中です。    [守]で編集稽古する4つの用法を林頭吉村堅樹が解説するシ […]

  • エディスト・クロニクル2023 #03 モンスターを出しなさい

    プロ野球阪神が「アレ(A.R.E.)」を果たし、大谷翔平はドジャースへ。藤井聡太は7冠に留まらず前人未到の8冠を達成した。イシスだって負けてはいない。50[破]が教室数記録を更新すれば、[花伝所]はさらに寄せてあげるプ […]

  • エディスト・クロニクル2023 #02 エディット群島の躍動

    市川猿之助、日大アメフト、ジャニーズ。大きなものの何かが崩れていくのを連日の報道で目の当たりにした夏。本楼では、コロナ明けでイベントも全面的にリアル開催へ。ワークショップエディター基礎講座、多読ジムSP今福龍太を読む、 […]