【松岡正剛 映写室 Take-03】講演は舞台のように

2022/02/16(水)14:41 img
img

【松岡正剛 映写室】は師範の林が松岡正剛の表舞台、裏舞台を動画撮影した記録を蔵出ししていくEdist企画です。前回に引き続き、松岡インタビュー(2021年4月初旬収録)の場面を切り取ってお届けします。

 

 【Take-03】は、松岡が「講演」をどのように編集しているのか、その意図を紐解きます。講演とか講義というと、かしこまって聞くイメージがありますが、松岡の講演は映画や音楽ライブ、舞台を見るようなイメージに近く、まずは目で見て耳で聞いて感じたくなります。語られる内容は高密度で、大学の講義何本分かと思わせる情報量なのに、けっして退屈にならないのは、既存の見せ方からいかに離れるか、その徹底があるからこそなのでしょう。場所、美術、小道具、照明、カメラの動き、全てにこだわり、生かして語るのが松岡が仕掛ける講演なのです。

 

 今回から「千夜千冊の秘密」を主催した丸善雄松堂さんの格別なご配慮により【映写室】で本番配信映像を利用できることになりました。初回は、松岡が特にこだわった講演冒頭シーンをご覧いただけます。本番をライブでご覧になった方にとっては、あの夏の暑さごと蘇ることでしょう。


【松岡正剛 映写室 Take-03】講演は舞台のように

 


撮影・編集 林朝恵

撮影・アイキャッチ画像 後藤由加里
協力 松岡正剛事務所 丸善雄松堂 POMATO PRO

 

【Back Number】

【松岡正剛 映写室 Take-01】どこでも読む書く

【松岡正剛 映写室 Take-02】黒板で思考をキリトル

 

【千夜千冊の秘密リンク】

松岡正剛「千夜千冊の秘密」たそがれの書物世界 10shot

8/28(金)開催!松岡正剛ソロトーク「千夜千冊の秘密」只今リハ中 10shot

おしゃべり病理医 編集ノート - トワイライト色のソーシャル・ディスタンス

セイゴオちゃんねる「8・28オンライン講演『千夜千冊の秘密』」

  • 林朝恵

    編集的先達:ウディ・アレン。「あいだ」と「らしさ」の相互編集の達人、くすぐりポイントを見つけるとニヤリと笑う。NYへ映画留学後、千人の外国人講師の人事に。花伝所の運営、倶楽部撮家で撮影・編集とマルチロールで進行中。

  • 【Portrait Shot #02】高本沙耶が撮られた背中!

    シリーズ化が決定しました! 倶楽部撮家でもおなじみの写真家・後藤由加里がイシス編集学校に関わる人たちをモデルにして撮影をしていく企画です。後藤はライフワークとして、松岡正剛を撮影し続けていますが、並行して昨年より新しいモ […]

  • インスタのストーリーもTIDE来る!【83感門】

    きたきたー!波さわぐ、ゴジラも驚く「第83回感門之盟」Day-1がスタートしました。 松岡正剛校長は「編集学校は船に乗ること、誰かを船に乗せること」と冒頭の挨拶で語ってましたが、それって、この大海原を我々が共に渡る方法が […]

  • 【花伝所スペシャルEdit Tourレポート】師範代モデルで「カワル」を体験!

    花伝所の秘伝で何がカワル? 3/3(日)雛祭りの日、日差しが降り注ぐ午後、18名の参加者がオンライン・エディットツアーに集った。入門前の初心者から[守・破]を修了した学衆(受講生)まで相互に混ざりながら、編集ワークやレク […]

  • 【花伝所プレゼンツ・エディットツアー】3/3(日)師範代の編集術がわかる・コミュニケーションがかわる

    ひらひらとおぼつかないからコミュニケーションは生まれる。   SNS、リモート時代に入り、コミュニケーションを取り巻く環境は大きく変わってきました。これまでつながることができなかった人たちと簡単につながることが […]

  • 39[花]キャンプでアートが吹き寄せた

    花伝所では毎期、2日間に渡るキャンプがある。キャンプといっても野外で行われるわけではなく、全てインターネット上のラウンジで、テキストのみで行われる。仲間と共に「読む・書く」を繰り返しながら、深い森や洞窟へと分け入って宝探 […]