【50破】満席御礼、12教室96名で開講!

2023/04/24(月)21:26
img

 いったいどういう風が吹いてきたのか。AIが文章を書いてくれる時代に、編集的に書く講座[破]が盛況だ。48[破]61名、49[破]67名だった受講者が、今期はぐんぐん増え続け、予定を超えて2教室増設、96名での開講となった。

 

 開講前の師範代の研鑽の会「伝習座」では、北原ひでお評匠が、ChatGPTに編集稽古をさせる実演を行った。[破]のお題を入力すると、ChatGPTは、すらすらと回答を書き出す。完成した回答をパッと一気に出すのではなく、一文字一文字が一定のスピードで表示されてゆくので、「いま書いている」感じがする。文章を書きだすときに「うーん」とうなり、書いては消してを繰り返すもどかしさがまったくない。淡々とした出力ぶりを、とってもAI「らしい」と感じた。

 

 文章を書くことがもどかしくないなんて! と驚くとともに、回答の出来栄えもなかなかであった。内容によってヘンだなと思うものもあるが、人間が書いたものと区別がつかないような回答もあった。こういう便利ツールが使えるようになった世界で、悩みながら、時には絞り出すように書きたい人たちが[破]に続々集まってきたとは、いかなることか。

 

 ChatGPTにまかせていいような文書もあるだろう。いままでだって例文集やテンプレート集は重宝されてきた。これからは、AIにまかせられないものを人間が書いていく。AIはいまの世界に存在している情報を組み合わせ、最適な、あるいは妥当な回答を効率的に出してくる。対して編集学校では、なんらかの発見があり、読者と絶妙なコミュニケーションを図る文章を書きたい。書き手の思想や感興がスタイルをもって表象された「創文」をめざしている。

 

 [破]では、最適、妥当を超えて「創造」したい。AIに追いかけられて、人間の編集力がアップするのか? それもいいが、存外、視点を変えるだけでいいのかもしれない。AIには「言えないこと」が、たくさんあるはずだ。校長曰く「AIではルンバのエロスはつくれないじゃないか。」) 注)ルンバは掃除機でなく、ダンス。

 

 50[破]は、本日4月24日12:00に開講した。初回答は12:23に、体内止観教室に届いた。つづく回答は12:38に、異郷エンシオス教室とモーラ三千大千教室に同時に到着。準備万端の師範代と、稽古を待ち構えていた学衆の手合わせが始まる。あなたにしか書けないことを、方法をもって生き生きと綴ってゆこう。


  • 原田淳子

    編集的先達:若桑みどり。姿勢が良すぎる、筋が通りすぎている破二代目学匠。優雅な音楽や舞台には恋慕を、高貴な文章や言葉に敬意を。かつて仕事で世にでる新刊すべてに目を通していた言語明晰な編集目利き。

  • 響き合う読書【52[破]第1回アリスとテレス賞エントリー終了】

    52[破]は開講から1か月で、最初の山場を迎えた。本日5月19日(日)18:00、第1回アリスとテレス賞「セイゴオ知文術」のエントリーが締め切られた。千夜千冊をもどいて一冊の本について書くお題で競う。  10教室・学衆 […]

  • 桜吹雪のなかで果てるバレエ◢◤[遊姿綴箋] リレーコラム:原田淳子

    ▼桜の花は枯れない。枯れずに散ってしまう。花盛りになったと思ったら、翌日には散り始め、3日後には花吹雪だ。散りゆく桜は、短い命、いさぎよい死、哀しい別離を連想させ、そのイメージを美しくいろどってくれる。けれど、西行の歌「 […]

  • 【52破開講】わ、もう回答来たーっ!!!

    感門之盟DAY3から4週間、門を出たら、あっという間に次の門の前に立っているのが編集学校である。 学衆さんは、壁とか崖とかいう言葉にちょっとビビりつつ、でも、文章の型っていろいろあるの? 物語を書くなんて夢があるなあ、エ […]

  • 【開講迫る52破】エディティングセルフが語りだす[破]に!

    4月6日の伝習座の日、豪徳寺駅前の桜が満開だった。それから1週間あまり。52[破]の師範代たちは、花を散らす風よりも激しい錬破の渦中を進んでいる。 師範代は、伝習座でカマエと方法を大量にインプットしたのに続き、実践的な指 […]

  • 彼岸に立つトウシューズ◢◤[遊姿綴箋] リレーコラム:原田淳子

    ▼バレエの物語は、この世とあの世を行ったり来たりする話ばかりだ。先月紹介した「ジゼル」は一幕が生きた人間の世界、二幕が死霊の世界だった。その後ロシアで生まれた「白鳥の湖」「バヤデール」にも白一色のあの世の場面がある。 & […]