劇的なコイと出会いと変化の幕が開いたー51[守]

2023/05/08(月)14:55
img

 鯉のぼりと入れ替わるように、51[守]の鯉が跳ね始めた。

 

 [守]に鯉をあしらった上の画像は[守]の新たなアイコンであり、講座記事のプロフィール画像でもある。師範の阿久津健が開講に合わせてデザインした。季節感。そして鯉が滝を登って竜になる「登竜門」伝説を、編集の入口である[守]に重ねたものだ。

 

 5月8日正午、19教室に校長の松岡正剛から「いざ、いまこそのインタースコアを!」が届けられ、51[守]が開講した。コロナ禍、長引くウクライナ戦争を受け、「そんな時、いや、こんな時だからこそ、ようこそイシス編集学校へ」と言葉は続く。

 

ここから諸君の「世界と自分についての見方と才能」がおそらく劇的に変わっていくでしょう。新たな出会いも始まるはずです。それは私が保証する。


 その10分後、勧学会では点呼が始まった。一月二十五日教室の師範代、束原俊哉が待ちきれないようにお題001番を出題。堰を切ったように師範代が続々と続く。同時に学衆からの点呼も届き始めた。

 

 「なんでも編集という見方に興味」
 「編集稽古、非常に楽しみです!」
 「うわあ、緊張しますね」

 

 添えられたひと言に、編集稽古への期待が感じられる。師範代もすぐに応える。

 

 出題から1時間も経たないうちに、回答1号が届いた。

 劇的な変化と出会いの15週間。鯉の旅が始まった。

 

 (文:景山和浩)


  • イシス編集学校 [守]チーム

    編集学校の原風景であり稽古の原郷となる[守]。初めてイシス編集学校と出会う学衆と歩みつづける学匠、番匠、師範、ときどき師範代のチーム。鯉は竜になるか。

  • イシスが産むマニエリスム――52[守]特別講義

    イシス編集学校に現れたマレビト、武邑光裕氏が送る特別講義。「インタースコア力」と、「ミメロギア特別賞」のEdistに続き、本Edistでは、その講義の様子をお伝えする。   武邑氏は、講義の導入に、社会科学者の […]

  • ミメロギア、武邑光裕特別賞発表――52[守]特別講義番外篇

    学衆の回答を見た武邑光裕さんから漏れてきたのは、「ここまで(作品が)広がりを持つのはすごい」という言葉だった。    実は、1月21日に行われた52[守]特別講義「武邑光裕の編集宣言」に際し、武邑さんからは同 […]

  • 地下鉄のZONE ZPD OMEZAME□52[守]合同汁講レポ

    12月30日は何の日だって? 真っ先に思い浮かぶのは「地下鉄記念日」です。昭和2年(1928年)のこの日、上野―浅草間2.2kmを黄色の車両が走ったんですから。当時のポスターには、誇らしげに「東洋唯一の地下鉄道」と文字 […]

  • 遠くの月からミメロギア──風月盆をどり教室初汁講レポート 52[守]

    Zoom画面に「風月盆をどり教室 謹賀新年汁講」の文字が浮かび上がる。第2回番ボー〆切直前、学衆たちを月夜の別世界に連れ出す汁講が開かれた。普段テキストでやり取りする学衆・師範代たちが初めて顔を合わせる。冒頭、学衆・山 […]

  • 子どもと膜でアメーバに――52[守]師範、数寄を好きに語る

    数寄のない人生などつまらない。その対象が何であれ、数寄を愛でる、語るという行為は、周囲を巻き込んでいく――。 開講直後の52期[守]師範が、「数寄を好きに語る」エッセイ。第2弾は、総合診療医でもある遠藤健史師範が語る。遠 […]