フライヤーはためく開講前夜【51守出遊】

2023/05/04(木)05:31
img

 菖蒲と蓬が軒先に連なり、鯉のぼりと吹き流しが悠々と空を泳ぐ。15週間の51[守]の開講直前、イシス編集学校ではためくのは19色の教室名フライヤーだ。竜を目指す19匹の鯉ならぬ19人の師範代たちが、その跳躍力を総動員して「こんな教室にしたい!」と決意を1枚にあらわした。

 

 遊泳を心待ちにする彼らが、未だ見ぬ学衆に向け、教室名のユニークネスと編集稽古の魅力を語ったのは、4月初旬の伝習座でのことだ。以来、日々新たになる決意、今一度ここに掲げよう。

 


若水尽きぬ教室の師範代、吉田麻子は、熊本から本楼に馳せた。火の国であると同時に水の国でもある熊本に肖り、学衆各々に潜む編集の泉を掘り起こしたいと志は晴れやかだ。

 

 

流れる青白の絵の具が織りなす清涼感モードは、編集世界の元日に相応しい。「あらたまる」ことでこそ、情報はあらたな姿を見せる。神に捧げ、自ら口にする若水。美しい景色と眺めずに、飛び込み飲み尽くしてほしい。

 

紙面から蒸気が飛び出さんばかりに吹くやかんと同じく、高温なのが、熱~いヤカン教室師範代の和泉隆久である。「火加減を調節して教室を沸かせるのが私の役目」と学衆に向き合う覚悟は堅い。

 

 

「やかんモデル」で型稽古を見立てた、インタースコア編集の王道だ。モデルで見ることで「教室の火加減」を工夫しようという思考が働く。イシスの炎によって沸き出す蒸気は、情報と学衆が混然となる「才」だろうか。

 

カタルトシメス教室の師範代、新垣香子は、校長直筆の教室名カードで埋め尽くされた後景を背負った。前日にアップされた『全宇宙誌』册影帖から「回転」というキーワードを引く卒意が頼もしい。

 

 

分けて分けない「カタル」と「シメス」の同時性を、自転車の両輪モデルに託した。浮遊感を支える光の玉は、ETの超能力ではなく編集術だ。言葉づかいが世界そのもの。語ると、パステルアートの物語世界が生まれた。

 

多くの者が声を震わせるなか、科学者然と冷静なのが、配列変えます教室師範代、森下揚平だ。締切直前まで躍動感にこだわって仕上げた作品だが、学衆と共に更なる配列変えを起こす心積もりだ。

 

 

配列の典型DNA螺旋、本の並び、太陽系列に、謎のクレヨンや猫や風鈴が交わり列を乱す。異質こそ「変えます」の契機と謳う「いじりみよ」コピーがそこに呼応した。既知の配列を徹底取材し、未知の運びは猫に委ねる。

 

三度目の登板となる分人庭師教室の師範代、鈴木哲也は、学衆のため、生まれ変わるが如く自らに更新をかけることを課している。真直ぐな立ち姿から、本楼中に響き渡った清々しい声が耳を離れない。

 

 

剪定鋏を振りかざし街を飛び交う庭師土偶。思わぬ組み合わせ編集が、インパクトのあるヴィジュアルを生み出した。土偶は歴史か私たちの形代か? 街にどう編集の鋏を入れるのか?情報同士が出会うとき、想像を生む。

 

 51[守]は、ゴールデンウィーク明けに開講する。教室名フライヤーは、まだ完成していない。学衆を迎えてからが本番だ。変化も成長も急流突破も、異質や異物との出会いによって加速する。教室という場に身を預け、登りきった先には、どのような作品に変身を遂げるのか。皆の衆、いざ出遊だ。

 

(文:阿曽祐子 アイキャッチ・フライヤーレビュー:阿久津健)

 


◆イシス編集学校 第51期[守]基本コース◆
日程:2023年5月8日(月)~ 2023年8月20日(日)
詳細・申込:https://es.isis.ne.jp/course/syu

 

 

 

 

 


  • イシス編集学校 [守]チーム

    編集学校の原風景であり稽古の原郷となる[守]。初めてイシス編集学校と出会う学衆と歩みつづける学匠、番匠、師範、ときどき師範代のチーム。鯉は竜になるか。

  • イシスが産むマニエリスム――52[守]特別講義

    イシス編集学校に現れたマレビト、武邑光裕氏が送る特別講義。「インタースコア力」と、「ミメロギア特別賞」のEdistに続き、本Edistでは、その講義の様子をお伝えする。   武邑氏は、講義の導入に、社会科学者の […]

  • ミメロギア、武邑光裕特別賞発表――52[守]特別講義番外篇

    学衆の回答を見た武邑光裕さんから漏れてきたのは、「ここまで(作品が)広がりを持つのはすごい」という言葉だった。    実は、1月21日に行われた52[守]特別講義「武邑光裕の編集宣言」に際し、武邑さんからは同 […]

  • 地下鉄のZONE ZPD OMEZAME□52[守]合同汁講レポ

    12月30日は何の日だって? 真っ先に思い浮かぶのは「地下鉄記念日」です。昭和2年(1928年)のこの日、上野―浅草間2.2kmを黄色の車両が走ったんですから。当時のポスターには、誇らしげに「東洋唯一の地下鉄道」と文字 […]

  • 遠くの月からミメロギア──風月盆をどり教室初汁講レポート 52[守]

    Zoom画面に「風月盆をどり教室 謹賀新年汁講」の文字が浮かび上がる。第2回番ボー〆切直前、学衆たちを月夜の別世界に連れ出す汁講が開かれた。普段テキストでやり取りする学衆・師範代たちが初めて顔を合わせる。冒頭、学衆・山 […]

  • 子どもと膜でアメーバに――52[守]師範、数寄を好きに語る

    数寄のない人生などつまらない。その対象が何であれ、数寄を愛でる、語るという行為は、周囲を巻き込んでいく――。 開講直後の52期[守]師範が、「数寄を好きに語る」エッセイ。第2弾は、総合診療医でもある遠藤健史師範が語る。遠 […]