3度目の[破]は2つのルールと

2024/03/10(日)22:19
img

今期、3度目の[破]に向かったのは川上有鹿さん。50[守]での師範代経験も踏まえ、どうやって走破したのか。突破直後のインタビューをお届けします


受講に向け、川上さんはMyルールを2つ設けました。1つ目は「回答に必ず[守]の型を用いること」。毎回の回答で振り返ると、【見立て】と【対比】が頻出し、それ以外では【アーキタイプ】、【プロトタイプ】、【らしさ】、といった型もよく用いました。

 

この【見立て】がインタビュー時にも活かされました。名字に「川」がつき、50[守]の教室名が、「カッパらくらく教室」だった川上さん、[守][破]の過程を子どもの遊びで見立てます。まず[守]を、石遊びになぞらえました。

石を集めて、積んだり投げたり。時には、石をプレゼントと見立てて、色を塗る、磨く、そしてストーリーにしてみたり。こんな遊びには[守]で学ぶ情報の集め方、分け方、視点を変える、伝える、といった編集術がちりばめられています。

 

[守]では編集の基礎となる型を、師範代と共に1つ1つ学んでいきます。対して、[破]では、[守]の型を活かして、本の情報や自分史を要約すること、物語を作ることなど、より実践的な編集に向かいます。その様子を、今度は河原全体での遊びと見立てました。

[破]では急に自由度が高くなります。河原一帯を指さした師範代が「どうぞ遊んでよいですよ」と宣言する感じです。川の歴史を要約したり、川と遊んできた自分の歴史(自分史)を作ったり、河童の伝承から物語を創作したりと、より幅広い遊び方をしていきます。

 

 

「もう出尽くした…」と行き詰まったところから、新たな可能性を発見していくのが編集です。

 

この川上さんの突破力を生んだのが、Myルールの2つ目、「最大文字数で埋め尽くす」でした。制限45-50字なら50字、これを全回答で行いました。一文字たりとも譲れない、というこだわりが、さらなる探求の原動力となったのです。実際の回答をお借りして説明します。

 

例)本を要約するお題から抜粋:「45-50字でまとめよ」

実は途中で寝ていたようだ。夢と現実の間に起きたことも、発明に活かしていたのかもしれません。(45字)

 

あと5字埋めたい。ここから、こだわりの推敲です。 

実はちょこちょこ寝落ちしていたようなのだ。夢と現実のアイダに起きたことも発明に活かしていたとしたら?(50字)

 「パズルのピースを埋めたい」という人の性(さが)が、何度も推敲する意欲を刺激してくれました。その推敲に用いた方法は、下記です。

 

  1)言い換え

  2)オノマトペ

  3)メッセージの修正

  4)句読点編集

 

「どちらがよい文か」という前後比較よりも、その【対比】過程で見えてくる、自身が伝えたかったことへの気づきを重視しました。今回の変更で言えば、読者に問いかけるモードに変わり、問いを共有しようという自身の意図が顕れてきました。こうした小さな変更こそが、別様の可能性を開いていくのです。

 

 

川上さんは、3度目の[破]でも、まだまだ新しい発見があったそうです。その1つが、クロニクル編集術の自分史作成でした。なんと、過去3度の自分史がいずれも異なったものになったとのこと。

 

例えば3歳の頃の川遊びで、自分史75文字を作る場合。実際は、川上さんの記憶にないエピソードだったため、当時の写真を見ながら書きました。

仕事が忙しくてめったに遊んでくれなかった父と山へ行く。1日中、一緒に川遊びをしてくれたことが嬉しくてたまらなかった。恐かった川がこの日から好きになる。(75文字)

 

「実」の記録から導き出した仮説を、「本当にそうだった」という体で書くうちに、ホントもウソもないまぜの「虚」の記憶が発露してきました。

 

クロニクル編集術では、ここから課題本の中の歴史と自分史を重ねます。過去3度のうち、1度目が『沖縄現代史』(櫻澤 誠著、中央新書 )、2度目が『新・民族の世界地図』(21世紀研究会編集、文藝春秋)を課題本としたところ、沖縄らしさ、民族らしさが自分史に見えたそう。そして、3度目は、『日本の同時代小説』(斎藤 美奈子、岩波新書)と重ねたことで、この75文字のように、自分史が物語らしくなっていきました。

 

 

どういう部分に感情が動くのか、何が好きなのか… 「虚」の物語作りが「私らしさ」を発見することにもつながりました。このアウトプットしたものの中に発見があるということが、[破]のもう一つの編集術、物語編集術でも起きました。

ある作者の本を何冊か読んでいくと、なんとなく「らしさ」(癖)が見えてきますよね。私は、物語という虚世界の悪を描くとき、内向きの闘争を描こうとするようです。一般的には外向きの闘争を描くことが多いでしょうけど、逆をいく。また内向きかぁ、と自分でも呆れるほど。

「私の作品」に「私らしさ」を教えてもらった川上さん、これから作る物語も、外向きと内向きの【対比】を行いながら紡いでいくことでしょう。

 

 

 [破]の講座は大変という声を聞きます。それを3度も受講された川上さんに、その乗り越え方についてお聞きしました。

[破]で苦しいのは、自分の方法の引き出しが少ないなぁ、と凹むことです。「固定概念」や「私」という枠に囚われると、新たな発見が生まれにくい。ここで足を止めないためにも、Myルールを決めたらまずはやってみること。そして、師範代の指南を受けて、頭の中の思わぬところに光が当たるのを感じてみること。こうして、私は進んできました。

 


日常のふとした瞬間によぎる子どものころの思い出は、掬えず流れていきます。川上さんは、この記憶の限界を、写真からたぐり寄せることで打破しました。そして、「虚」の記憶も推論することができる、すなわち「自分史は記録こみの記憶だ」と喝破しました。[破]は「虚」の世界への入口です。受講を迷うみなさん、Myルールをもって、どうぞ走破されることをお待ちしています。

 

文 遠藤健史(52[守]師範)

 

◎第52期[破]応用コース◎

  • 期間   :2024年4月22日(月)~2024年8月11日(日)
    ●申込締切 :4月7日(日)
    ●申込先  :https://es.isis.ne.jp/course/ha
    ●問い合わせ:isis_editschool@eel.co.jp

川上有鹿さん 過去のイシス講座受講歴の一部

 師範代歴

  50[守]カッパらくらく教室 師範代

 

 [破]受講歴

  29破 月代蔵前教室

  47破 八客想亭教室

  51破 カタルトシズル教室

 


  • イシス編集学校 [守]チーム

    編集学校の原風景であり稽古の原郷となる[守]。初めてイシス編集学校と出会う学衆と歩みつづける学匠、番匠、師範、ときどき師範代のチーム。鯉は竜になるか。

  • 千波万波、到来!―53[守]開講

    「いざ、いまこそのインタースコアを!」と、イシス編集学校の校長、松岡正剛からのはなむけのメッセージが、5月13日正午に届き、18教室の15週間の[守]稽古が始まった。松岡は「この学校は知識を学ぶところではなく、どんな時 […]

  • 何度でも見たい夢―53[守]師範によるこまつ座『夢の泪』観劇のススメ

    こまつ座公演『夢の泪』の観劇を終えてから10日あまり。本作は、井上ひさしが東京裁判について扱った三部作の第二作目だ。テーマと笑いと音楽を堪能し、「3回は涙した」という53[守]師範の福澤美穂子と「あと3回は見たい」という […]

  • youhou-3nin-eye

    「3」で編集は動きだす 〜師範2人と司会1人の用法語り〜  53[守]伝習座

    53[守]で新しく師範に加わった山崎智章は、伝習座名物・師範による「用法語り」の進行を担った。進行役だからこそ見えて来た「3」の神秘とは――。山崎師範が[守]伝習座をレポートします。    日本三景、三大都市圏、御三家 […]

  • 時を超えた足元ミーム ~ウルトラマンからヘビへ~ 53[守]伝習座

    福澤美穂子が[守]に帰ってきた。30期代で番匠として冨澤陽一郎学匠を支え、その後、物語講座や多読ジムで活躍している。久しぶりの[守]は福澤の目にどのように映ったのか。注意のカーソルが寄ったのは足元だった。   […]

  • このフライヤーを目印に、集え53[守]vol.3

    借り物禁止というルールが教室名フライヤーにはあります。フリー素材でも使用しない。だから自ら絵を描き、街に出て写真を撮り、中には家族を巻き込む師範代も。まさに編集稽古ビジュアル版。身につけた型をフル稼働させた結晶ともいえ […]