41[花]夜稽古で書き伝える刀を研ぐ

2024/04/26(金)12:03
img

 桜はピンク色の花から、緑色の葉へすっかり装いを変えた。時節が移ると変化がある。それは花伝所でも同じだ。前期をうけ、フィードバックをかけ、変化を起こす。

 

 「エディスト練習会やります!」
花目付・林朝恵がボードメンバーに呼びかけた。前期では大きな式目改編があり、演習に注力するという方針であったため、花伝所指導陣によるエディスト記事が少なかった。しかしそれではいけない。校長・松岡正剛はどんな理由があっても千夜千冊を書き止めることはしない。書くからこそ、説明できないものを発見することができる。世阿弥は父から受け継いだ能の奥義を子孫に伝えるために『風姿花伝』を書いた。では花伝所は何を書き伝えるのか。今期、総力をあげてエディスト記事を書くことが、目標に掲げられた。しかしいざ書くとなると、何をどう書けばいいのか悩ましい。そこで、すでにエディスト記者として活躍している林によって、練習会が開催された。

 

 指導陣が集まったのは4月11日木曜日の21時。記者未経験の師範に混ざり、所長・田中晶子や、10本以上の記事を書き、今期錬成師範から花伝師範に着替えた森本康裕の姿もあった。文章を書く際に忘れてはいけないのが、「いじりみよ」だ。多くの記事でも、この型が意識されている。「いじりみよ」にそったQが、林から次々と投げられた。

 

「1分間で気になる物1つ選べ」
「1分間でその物がどんな様子か描写せよ」
「1分間でその物にどんな由来があるか説明せよ」
「1分間でその物が自分にとってどんな存在か書け」
「1分間でその物とこの先どんな関係があるか予想せよ」

 

指導陣は投じられるQに、Zoomチャットを使い、黙々と回答していく。そしてチャットにあげた回答をもとに10分で記事に仕立て、評価を交わしあう。静かで熱いラリーを終えたのは23時を過ぎていた。

 

 photo by shinobu hirano 
▲注意のカーソルが当たった物には、エディティング・モデルが潜む。花伝師範から花目付に着替えた平野しのぶは韓国で衝動買いした壺に目をとめた。持ち帰る際、空港で手こずったというが、困難を物ともせず軽やかに飛びまわる平野の姿がみえる。

 

 photo by kyoko arakaki

▲51[破]師範代から錬成師範に着替えた新垣香子の相棒であるコピー機。新垣が携わっている塾の子供たちにも自由に開放している。新垣の受容のカマエがここにも感じられる。


 夜稽古翌日の4月12日、再びの夜。多くの花伝所指導陣が「『情報の歴史21』を読む」第12弾に参加していた。講演した能楽師の安田登氏は、「もっと、語るコトバが必要だ」と唱えた。そしてただ話すだけではなく、本楼を能舞台に変え、「コトバ」を実演した。「コトバ」を体感した指導陣は、花伝所に託されたものをどう伝え語るか、態度で示すだろう。


文 中村裕美(錬成師範)

アイキャッチ 宮坂由香(錬成師範)

 

 

【第41期[ISIS花伝所]関連記事】
「まなび」のゆくえ◆53[守]伝習座

  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    編集的先達:世阿弥。花伝所の指導陣は更新し続ける編集的挑戦者。方法日本をベースに「師範代(編集コーチ)になる」へと入伝生を導く。指導はすこぶる手厚く、行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。所長、花目付、花伝師範、錬成師範で構成されるコレクティブブレインのチーム。

  • 41[花]EZOに起こる渦、もしPUNKがなかったら?しろがね道場~岩野範昭

    エッジの効いたセンサーで即座に隙をつき、電光石火のごとく場に現れる。7期連続花伝師範をつとめる岩野範昭の眼光は偏奇を愛でつつロックでパンクだ。41期を迎える花伝所は式目を大幅に刷新し、口傳の編集奥儀に磨きをかける。背負っ […]

  • 41[花]ガイダンス が目つきをかえる

    桜も葉桜へと着替えていく2024年4月20日(土)、イシス編集学校でも学衆から師範代にむけて、着替えの用意が始まった。41[花](5月11日開講)花伝所オンラインガイダンスでは、届いたばかりのインストラクションを手に、 […]

  • 「まなび」のゆくえ◆53[守]伝習座

    イシス編集学校のかなめは人。元・図書館司書から人材育成へとキャリアシフトし、専攻したドイツ語から方法日本へと原点回帰するのは花伝所きってのビブリオテカール、41[花]師範の山本ユキ。大学院で「学びの見える化」を日々研究す […]

  • 40[花]入伝式「物学条々」~塗師の入伝生・漆椀の道場五箇条

    京セラドームでプロ野球の日本シリーズが開幕した10月28日、豪徳寺では40期花伝所の入伝式が行われた。25名の入伝生は師範代になる道に向かって、原郷から旅立った。旅にはお供が欠かせない。入伝式では、頼れるお供の一つ「道場 […]

  • 【花伝SPエディットツアー】「編集指南」の秘伝、あります!

    フルタイムで仕事して、自宅では家事に子育て、加えて3度のご飯より指南が好き。師範代のポリロール的編集稽古日常は、仕事や生活シーンとも“地続き”だ。遊びから生まれるもの、対話から生まれるもの、不足から生まれるものを逃さずフ […]