型は発見のためにある【51守開講】

2023/05/11(木)08:00
img

 「春バテ」という言葉を耳にした。新年度の緊張や頑張りに気候の変動が重なって自律神経が乱れるのだそうだ。新しい環境での疲れには、「こうあらねばならない」「間違ってはいけない」という思いが関係してはいないだろうか。
 「ねばならない」を抜け出し、身軽になって初夏を迎えるために、イシス編集学校をおすすめする。

 

 基本コース[守]では38のお題を通して、編集の型を稽古する。型・稽古と聞くと、「型にはまった」「見本通り」と連想がはたらくかもしれないが、イシスの型は「発見」のためのツールだ。

 

 例えば、二軸四方型は、一見SWOT分析に似ている。


       好き
    3  │  1
       │  
得意 ────┼──── 苦手
       │
    4  │  2
       嫌い


 上記の軸を設定すると、それぞれの象限に何を入れたくなるだろうか。


 ある師範代経験者は子どもとの対話でこの型を使ってみた。1には水泳が、4には漢字の書き取りが入った。「漢字の書き取りはほめられるけど好きじゃない。学校で得意なことが好きなわけではないんだ。水泳みたいに、苦手だけと好きなこともあるんだ」と気づいた瞬間、学校で学ぶ教科に、通信簿の数字とは違う評価が立ち現れた。

 

 51[守]師範の佐藤健太郎は、編集コーチたちの研鑽の場である伝習座で「回答は情緒でひも解け」と語った。(  )があると学衆は正解を探しがちだ。ただ、そうであったとしても(  )の中には、学衆それぞれの情緒(情のいとぐち)があらわれている、一人一人の歴史と現在が詰まっている。
 どんな気分で、どんなきっかけで(  )に入れる言葉を選んだのかを学衆とともに探し、新たな意味を見出そうというのだ。

 型は、型にはめて整理するためにあるのではない、型にはまりきることで「ねばならない」の枷をはずし、新しい「私」と意味を発見してほしい。


次のチャンスは、52[守]

 

(文:石井梨香)


  • イシス編集学校 [守]チーム

    編集学校の原風景であり稽古の原郷となる[守]。初めてイシス編集学校と出会う学衆と歩みつづける学匠、番匠、師範、ときどき師範代のチーム。鯉は竜になるか。

  • イシスが産むマニエリスム――52[守]特別講義

    イシス編集学校に現れたマレビト、武邑光裕氏が送る特別講義。「インタースコア力」と、「ミメロギア特別賞」のEdistに続き、本Edistでは、その講義の様子をお伝えする。   武邑氏は、講義の導入に、社会科学者の […]

  • ミメロギア、武邑光裕特別賞発表――52[守]特別講義番外篇

    学衆の回答を見た武邑光裕さんから漏れてきたのは、「ここまで(作品が)広がりを持つのはすごい」という言葉だった。    実は、1月21日に行われた52[守]特別講義「武邑光裕の編集宣言」に際し、武邑さんからは同 […]

  • 地下鉄のZONE ZPD OMEZAME□52[守]合同汁講レポ

    12月30日は何の日だって? 真っ先に思い浮かぶのは「地下鉄記念日」です。昭和2年(1928年)のこの日、上野―浅草間2.2kmを黄色の車両が走ったんですから。当時のポスターには、誇らしげに「東洋唯一の地下鉄道」と文字 […]

  • 遠くの月からミメロギア──風月盆をどり教室初汁講レポート 52[守]

    Zoom画面に「風月盆をどり教室 謹賀新年汁講」の文字が浮かび上がる。第2回番ボー〆切直前、学衆たちを月夜の別世界に連れ出す汁講が開かれた。普段テキストでやり取りする学衆・師範代たちが初めて顔を合わせる。冒頭、学衆・山 […]

  • 子どもと膜でアメーバに――52[守]師範、数寄を好きに語る

    数寄のない人生などつまらない。その対象が何であれ、数寄を愛でる、語るという行為は、周囲を巻き込んでいく――。 開講直後の52期[守]師範が、「数寄を好きに語る」エッセイ。第2弾は、総合診療医でもある遠藤健史師範が語る。遠 […]