ライブを料理してみた――藤井一史のISIS wave

2023/11/12(日)08:03
img

イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。


「音楽活動とジョギングと編集工学に没頭中」という藤井一史さん。中でも力を入れるのは、アマチュアバンド「THE MAGASUS」だ。先日、初のワンマンライブを敢行したのだが、成功に導いたのは、イシス編集学校で習った「型」だった。
イシス受講生がその先の編集的日常を語る、新しいエッセイシリーズ、第17回目は藤井一史さんのエッセイをお届けします。

 

■■レシピを真似る


 人前で歌うのが好きで、それが高じてThe Magasusというバンドを率い、ライブ活動を始めた。ギター、ベース、ピアノ、ドラム、ボーカル、サックス、トランペットの男女8人編成、洋楽邦楽ジャンルを問わず、聴いて心地よく、楽しんでもらえるサウンドをモットーとしている。私の担当? もちろん、ボーカル&ギターだ。とにかく目立ちたい性格だからである。そんなバンドも今年で結成5年目となり、そろそろ初のワンマンライブをやろうと企んだ。

 

 2部構成で約2時間、メドレー含め全18曲、如何に観客を飽きさせず、楽しんでもらえるかが一番の問題だ。各部に起承転結をつけ、曲調も変える必要がある。毎回テーマを決め、ライブをショー仕立てにするのだが、選曲の中に山下達郎の『RECIPE』があった。フレンチのフルコースと恋愛をインタースコアしたドラマ(『グランメゾン★東京』)の主題歌である。

 

 ん? イシスで学んだ[守]の型を思い出した。《レシピを真似る》ではないかと。
 どういうことか。
 私たちがなんらかの情報をインプットして、最終的に行動や表現などのアウトプットをする時、そのプロセスで行う編集を「型」として捉える事ができる。
 例えば料理では「材料をそろえる→下ごしらえする→調理する→器を選ぶ→盛りつける」という5段階のプロセスを取り出し、その型をモデルとして別のプロセスに適用するものだ。
 これは、まったく違ったジャンルのプロセスの「型」を真似て、新しい「型」をつくる稽古なのである。
 [守]では、「ルール・ロール・ツール」を動かす稽古があるが、ルールの特徴は、限定的であること、相互規定的であること、例外設定があることだ。どんな素材を使うか、何を組み合わせるか、うまくいかなかった時はどうするか。レシピは「ルールという型」とも言える。

 

 早速、『RECIPE』を元にライブ構成を練り、テーマを「フルコースのRECIPEを貴方の為に」とした。曲目をフルコースの料理に見立て一冊のMenuにすると、驚いた。料理と曲の背景や歌詞の世界観がインタースコアされ、料理に応じた様々な「愛」が醸し出されて来た。

▲ライブの次第。演奏する曲をフルコースのメニューになぞらえている。

 

 このMenuを手元に、演奏や歌やMCを楽しんでもらえたことで、裏Menuのアンコールまで頂き、大団円を迎えることが出来た。観に来ていた他のバンドからも、真似したいとの声が聞かれた。大成功であった。

 

 元来、型に嵌ることが嫌いな私は、イシスで型を使い自由になる方法を学んだ

 金融の裏舞台で様々な仕事をして来たが、達成感より既存の動かせないルールに縛られ、どこか窮屈な思いをしてきた。バンドでの表現活動はその反動でもあった。しかし、ライブに絡め、《レシピを真似る》という型を使い編集したことで、偶然を必然に変え自由を生み出す型の力、全く違ったプロセスの型をインタースコアすることの凄みを体感し、“編集を人生する”第一歩を踏み出せた気がする。

▲THE MAGASUS(坐・魔が刺す)のライブ風景。中央でマイクを握るのが「藤丸」こと藤井さんだ。

型で「自由になる」ってどういうこと? 熱心な読者なら、そろそろギモンに思う頃かもしれません。型の一般的なイメージは、藤井さんがお仕事で順守したような「従うべきルール」で、アウトプットを揃えるためのもの。イシス編集学校で学ぶ型は、踏まえるほど自らの意志や態度で解釈が可能で、編集成果はびっくりするほど多様になります。そんな型との取っ組み合いに集中するうち、「自分の方法」から焦点がずれていく。藤井一史が消え山下達郎が入ってくる。自由の秘密はこういうところにありそうです。


文・写真提供/藤井一史(44[守]間架結構教室、45[破]分針タンブール教室)
編集/柳瀬浩之、吉居奈々、羽根田月香、角山祥道

 


◎エッセイ <ISIS wave その先の日常> 原稿募集中!◎

 

当コーナーのエッセイを募集しています。イシス編集学校の[守]を終えた方なら、どなたでもOK。投稿いただいた原稿は、場合によりチーム渦からディレクション(指南)が入ることがあります。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

○テーマ:日常(生活、仕事)の中の編集工学
○文字数:400~1000文字程度
○写 真:顔写真、エッセイに即した写真をご提供ください
○掲載先:遊刊エディスト
○連絡先:uzu_isis_edist★fuwamofu.com(★を@に変更してください)


  • エディストチーム渦edist-uzu

    編集的先達:紀貫之。2023年初頭に立ち上がった少数精鋭のエディティングチーム。記事をとっかかりに渦中に身を投じ、イシスと社会とを繋げてウズウズにする。[チーム渦]の作業室の壁には「渦潮の底より光生れ来る」と掲げている。

  • 編集の方法は連句にあり――小原(濤声)昌之のISIS wave

    イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。   イシス編集学校には、九天玄氣組や未知奥連など各地に公認支所があるが、非公認ながら常時20人前後が集う活発な会がある。そ […]

  • 宗教する・編集する――中島紀美江のISIS wave

    イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。   エッセイを書き終えた中島紀美江さんは、こう呟いた。「『宗教する』ことは何か特別なことではなくて、日常にあることなんです […]

  • 私たちの中には“編集力”が潜んでいる――高田智英子のISIS wave

    イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。   高田智英子さんは語部おめざめ教室の師範代として52[守]を駆け抜けた。師範代に“なった”ことで、型の理解が深まり、仕事 […]

  • 私はもうアンパンチを繰り出さない――松林昌平のISIS wave

    イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。   医師という激務にありながら、2022年の春に15季[離]に飛び込んだ松林昌平さんは、[離]を終えた今、自身の変化に驚い […]

  • 稽古も仕事も全ては仮留め――瀧澤有希子のISIS wave

    イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。   瀧澤有希子さんは常に「忙しさ」と共にある。でも、そのためにやってみたいことを諦めたくはない。そう思ってイシス編集学校の […]