推し活は型で加速する――猿川博美のISIS wave

2023/12/11(月)07:37
img

イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。


組織・人材開発コンサルタントの猿川博美さん(大阪在住)は、バリバリと仕事をこなす傍ら、ライブ遠征という趣味を持っている。推し活の中で再発見したイシスの方法とは――。
イシス受講生がその先の編集的日常を語るエッセイシリーズの第19回。猿川さんのエッセイをお届けします。

 

■■インストールされた編集的方法

 

サカナクションの最新アルバム『懐かしい月は新しい月』。
このタイトルを見た時、「うーん、なんかイシスのお題でこんな感じのものがあったなぁ。型は何だったかなぁ」と、ふと思った。


私は、音楽ライブやフェスに行くことが趣味だ。推しのひとつがサカナクションで、CDやグッズも買う。CDは、音源を聴く前に、まずは外観を眺めるのが儀式になっている。見るだけでワクワク度が上がる。
月が美しく描かれたCDを手にして、タイトルを眺めたときに、イシス編集学校のことを思い出したのだ。


基本コース[守]の卒門(修了)から3年経過し、出されたお題や編集術である型は、すっかり忘れていた。けれど、頭に汗をかき、心が折れそうになりながらも必死で宿題(回答)を提出した日々は覚えている。その時の感覚から、ジワリと記憶が引き出された。
「『懐かしい月は新しい月』って、《やわらかいダイヤモンド》かな」
これは、まったく新しい組み合わせで今までにない言葉を作るお題だ。
対比かな?」
対比という型を意識せよと、師範代に指南された記憶が蘇る。


イシスで学んだ型やエッセンスは、はっきり記憶していなくても、実は体にインストールされているのかもしれない、と思う。
型がインストールされているおかげで、言葉に対して、少しだけ感度が上がった。そして、もう少し探求してみようと思えるようになった。


ということで、アルバムタイトルのコンセプトを調べてみた。本作は、昔の曲をリミックス・リアレンジした作品集で、月を感じられる曲が多い。楽曲を月に例え、「昔の曲(月)が新しい曲(月)になる」という作り手の想いが込められている。


彼らの第1弾アルバムは、2015年に発売された。今までは、タイトルはあまり気にしておらず、「ふーん、そうなんだー」と思うだけで、せっせと曲を聴くだけだった。耳で感じるだけだった。
ところが、[守]の編集稽古で「対比表現には物事の「らしさ」を強調する働きがあります」と学んだ私は、このタイトルにサカナクションの「らしさ」を感じ取り、どの型が使われているかを紐解こうとした。文字からも何かを感じ取ろうとした。
これって、アップデートかも!


普段はすっかり忘れているけれど、一度インストールされてしまったものは、何かをきっかけにして作動する。イシスでインストールされたものが作動すると、物事を豊かに捉えることができるのだ。感覚がアップデートされた私は、さらに音楽を楽しむようになり、推し活がますます加速されることになる。

▲サカナクションを含め「毎月3~8回ライブに行く」という猿川さん。彼らのグッズ、CD・DVDだけで50くらいあるというが(写真はその一部)、「他の推しのグッズも含めると数えきれません(笑)」。

 

インストールとは言いえて妙です。[守]の鈴木康代学匠はかつて、「編集稽古で学ぶ38の型は、松岡正剛校長の注意のカーソルをインストールすることだ」と言い切りました。稽古体験とは、松岡校長に倣い、情報の多様さに分け入って意味を見つける手立て(とその喜び)を身体で知ることなのです。とはいえ編集の型を知るだけではつまらない。使ってこそです。日常や仕事や切実を突破する編集があれば、数奇を深化させる編集がある。稽古体験と推し活を交差させて、編集的成長と推しへの愛を増大させる永久機関を作り出した猿川さんに、編集のひとつのあり方をみました。


文・写真/猿川博美(46[守]黄昏メビウス教室、46[破]王冠切れ字教室)
編集協力/中島紀美江
編集/吉居奈々、角山祥道


  • エディストチーム渦edist-uzu

    編集的先達:紀貫之。2023年初頭に立ち上がった少数精鋭のエディティングチーム。記事をとっかかりに渦中に身を投じ、イシスと社会とを繋げてウズウズにする。[チーム渦]の作業室の壁には「渦潮の底より光生れ来る」と掲げている。

  • 「なあに」が降って言葉が動く――荒井理恵のISIS wave

    イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。 荒井理恵さんが編集学校の応用コース[破]を終えたのは、2018年の夏のこと。結婚、出産を経、生活も変わったが、子供とのやりとりの中で […]

  • わたしのイシス・クロニクル――姜舜伊のISIS wave

    イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。   姜舜伊さんがイシス編集学校を知ったのは、学校の母体、編集工学研究所がクライアントだったから。そこからあれよあれよと巻き […]

  • 方法の力で“サウナ”を再編集――束原俊哉のISIS wave

    イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。 投資、経営のプロフェッショナルとして、さらにその力を磨く。そんな目的でイシス編集学校に入門した束原俊哉さんだったが、大きな変化をもた […]

  • エストニアで見つけた「たくさんのわたし」――神保惠美のISIS wave

    イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を 変える、日常を変える――。 神保惠美さんは今、日本から直線距離にして7809km離れた北欧の国にいる。この地で、増え続ける「わたし」とは。 イシス受講生が編集 […]

  • お題と仲間と、時々校長――李康男のISIS wave

    イシスの学びは渦をおこし浪のうねりとなって人を変える、仕事を変える、日常を変える――。   「妻が受講を検討していると知り、共に説明会に行ってみた」ことがきっかけで、イシス編集学校に入門したという李康男さん。稽 […]