【82感門】ミメロギアが生み出すデーモン

2023/09/16(土)16:45
img

『言葉の本質』(今井 むつみ 、 秋田 喜美 中公新書)がベストセラーになっている。オノマトペを手がかりに、アブダクションにより、言葉と身体の関係、本質に迫っている。chatGPTが予想を超えた勢いで広がる世の中で、言葉の力に皆が注意を寄せているからだろう。

 

感門之盟が始まる前に、イシスのジャイアン、角山師範とジャイ子、一倉師範代は、言葉を使った稽古、ミメロギアで、参加者を出迎えた。イシス編集学校の[守]の名物お題、ミメロギアは一対の言葉をアナロジー、コンパイル、編集の型を駆使して組み立てていく。出されたお題は、「デーモン・ホルモン」。参加者は、即答で次々にzoomのチャットに回答を書き込んでいく。

 

角山師範と一倉師範代はzoom参加の皆さんから届けられる回答に楽しげに目と向けていたが、瞬時に師範の目、師範代の目で、回答をキャッチしていく。

 

 

 

「舌なめずりのデーモン・舌鼓のホルモン」

「こと切れぬデーモン・噛み切れぬホルモン」

「閣下のデーモン・かっかのホルモン」

「プログラムのデーモン・100グラムのホルモン」

 

次々に届けられる回答に会場も大賑わいだ。
ラストには、51[守]の学衆が親子で編集した回答が寄せられた。

 

「惨殺のデーモン・屠殺のホルモン」

 

親子で編集デーモンになる日は近い。

 

角山師範の前説は明日、9月17 日も12:30にスタートする。

 


  • 北條玲子

    編集的先達:池澤祐子師範。没頭こそが生きがい。没入こそが本懐。書道、ヨガを経て、タンゴを愛する情熱の師範代。柔らかくて動じない受容力の編集ファンタジスタでもある。レコードプレイヤーを購入し、SP盤沼にダイブ中。

  • 【82感門】今宵、ほんのれんバーで

    本との偶然の出会いから、意識すらしていなかった思考が形になることがある。 言語化できなかったもどかしさがページの中に現れる事もあり、予期せぬアケとフセに未知への扉が開くこともある。出版をめぐる状況は相変わらず厳しいが、人 […]

  • 【82感門】ピテカントロプスの縫い返し

    歴史はいつも編集され続ける。 日本史では、鎌倉幕府の樹立は、1192年から、1185年に、日本最古の貨幣は和同開珎から、富本銭に改められた。 猿と人と間の猿人はピテカントロプスと名付けられたが、最近では、ホモ・エレクトゥ […]

  • 【82感門】旅立ちと始まりの間(八田律師メッセージ)

    イシス編集学校では、感門之盟と呼ばれる、始まりと旅立ちの間の式がある。[守][破][花伝所]の学びを終えた学衆が集い、寿ぎあう。 タイパという言葉が幅を聞かせる世の中だが、イシス編集学校の学びの濃さは、効率という尺度では […]

  • 本から本へ「ふきよせ会」眠れるお宝本交換会

    東京駅のランドマークであった八重洲ブックセンターが2023年3月31日で、その姿を消した。 街の再開発にともない営業を終了したのだが、紙の本の現状を表しているかのような出来事だ。   2022年の紙の出版物の販 […]

  • 【三冊筋プレス】いのちにかわる 世界をかえる(北條玲子)

    SUMMARY  ヒトは巣を作り、子を養い、食糧を求め、集団を創り生き延びた。そう、食べるために社会ができた。家族ができた。食べることが世界を生んだ。  ジャック・アタリは、食を生命の維持のみとは見なかった。『食の歴史』 […]