ジャイアンとコップ――46[守]新師範代登板記 ♯3

2020/10/30(金)08:31
img

 10月26日、ジャイアンの長い一日が始まった。


 この日は46[守]の開講日だった。前日までに教室や勧学会の設えを整え、開講準備セットをアップした。
 実はこの時点で、33花同期の猛者からは、「きんちょーーーーする」という声が挙がった。誰の手も借りず「場」を整えるのだ。悩みは尽きない。
 当日、朝3時44分に目が覚める。開講はお昼なのでやることはないのだが、もう一度、001番のコップのお題をチェックする。朝の雑事をこなし、溜まっている仕事を片付ける。なかなか集中できない。

 

 11時31分、校長のメッセージが教室に流れる。
《いよいよ「守」が始まります。ここから諸君の「世界と自分についての見方」がおそらく劇的に変わるでしょう。それは私が保証する》
 きっと師範代も劇的に変わるに違いない。それを信じよう。

 

 12時ちょうど。学林局からの点呼が始まった。ジャイアンは昼飯を抜いて、パソコンの前にかじりついた。本当に点呼に応えてくれるだろうか。
 トップバッターは12時29分。来た! 4分後、「祝・入門&祝・第一声」の返信を送る。ジャイアンの鼓動は高鳴ったままだ。

 13時までに5人の学衆から応答があった。学衆の一人は、師範代からの「ようこそ」に返信までくれた。
 よし、ここだ。

 

 13時17分に出題スケジュールを投稿。その8分後に、001番のお題を出題する。
《まずは発声練習のつもりで、 \あ~~~~~/ と声を出すことを楽しんでください》
 と、ノリは「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さんである。はたしてこの声は、学衆に届くのか。

 

 14時30分。ほぼ1時間後に、最初の回答が届く。
 守の時の師範代の声が甦る。姫路城を眺めて暮らす理系の師範代は、こう言ったのだ。
「最初の指南ですか? 書く時は手汗が止まらなかったですね」
 辻井貴之師範代どの、あなたの言っていたことは本当でした……

 

 集中しろ、集中だ。全集中の呼吸だ!
 もちろん、「守の呼吸 壱ノ型 コップ切り」が飛び出るわけではない。こんなことを口にしても緊張が増しただけだった。
 
 こんな時は、方法に戻るしかない。お題を読み返す。

 コップをひとつの「情報」として捉え、できるだけたくさんのコップをあげる。これがお題だ。そのためには、コップの素材や形に着目したり、誰が、何を、どうした、という主語や動詞を動かしていく必要がある。
 ん? 主語を動かす?
 ジャイアンは朝から(正確にいうならその前日から)「緊張する」という言葉を発し続けていた。この主語は誰だ?

 

 わたしは、緊張する。

 

 紛れもなく「わたし」ではないか。
 鳥の目になって、主語をズラしてみる。

 

 学衆は、緊張する。

 

 コップの中に答えはあった。学衆こそが与件だった。
 そうだ、「わたし」をズラしてしまえばいいのだ。自ずからやるべきことが見えてきた。ただ、回答にアフォードすればいいのだ。学衆に寄り添えばいいのだ。学衆の緊張をほぐすのは、師範代の言葉=指南ではないか。

 出題から135分後の15時39分、最初の指南を返す。
 もう緊張はない。その日届いた4本の回答に、その日のうちに指南を返した。コップにビールが入っていればゴクゴク飲み干し、ポッキーが入っていればポリポリ食べた。思いも寄らぬ回答に「おおっ!」と声をあげ続けた。
 もう緊張していた「わたし」はいない。「型」というひみつ道具を手にしたジャイアンいう名の師範代が、9人の学衆と遊んでいるだけだった。

(2020.10.30)

 

◆バックナンバー

ああ、それでもジャイアンは歌う――46[守]新師範代登板記 ♯1
ジャイアン、恋文を請い願う――46[守]新師範代登板記 ♯2
ジャイアンの教室名 ――46[守]新師範代登板記 ♯4
ジャイアンは教室とともに――46[守]新師範代登板記 ♯5
ジャイアンの1週間――46[守]新師範代登板記 ♯6
ジャイアン、祭の後――46[守]新師範代登板記 ♯7
ジャイアンの聞く力――46[守]新師範代登板記 ♯8

 

▲教室で初回答する気持ちをコップ&ペンギンで表現。「初めて」の勇気に拍手を贈りたい。


  • 角山祥道

    編集的先達:藤井聡太。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り感門では代表挨拶。師範代登板と同時にエディストで連載を始めた前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系(うずうず)にする異端児。角山が指南する「俺の編集力チェック(無料)」受付中(左のQRコードからどうぞ)

  • 【募集◆限定30名】「鴻巣友季子を読む」 多読スペシャル第4弾

    余計な説明はいらない。  まずは、この目次を読んでほしい。 序章 「翻訳教室 はじめの一歩」のための一歩 第1章 他者になりきる―想像力の壁をゆるがそう 第2章 言葉には解釈が入る―想像力の部屋を広げる準備体操 第3章 […]

  • 事典! 辞典! ジテン! ――52[守]師範、数寄を好きに語る

    数寄のない人生などつまらない。その対象が何であれ、数寄を愛でる、語るという行為は、周囲を巻き込んでいく――。 52期[守]師範が、「数寄を好きに語る」エッセイシリーズ。ライターでもある角山祥道師範は、「旧友」たちを引っ張 […]

  • メディア美学者・武邑光裕氏の52[守]特別講義、開催決定!

    今、あなたがパソコンで開いているブラウザのタブを見て欲しい。 「今日のニュース」に「検索したカフェ」、「ショッピングサイト」や「お気に入りのスポーツチーム」など、さまざまなタブが並んでいるのではないだろうか。  極端な […]

  • イシス流リスキリングのすすめ――51[守]ピテカントロプス対談

    なぜ、また学びたくなるのか。  今夏幕を閉じた51[守]には、イシス編集学校黎明期に師範、師範代として活躍された数名が、学衆として戻って来ていた。「ピテカントロプス」と呼ばれる面々だ。  彼らにとって、20余年ぶりの編 […]

  • 【Archive】51[守]クロニクル――鯉は竜になれたか

    背番号51といえば、メジャーで活躍したイチローが有名だが、プロ野球界では「51」といえば、出世番号だ。巨人の浅野翔吾選手をはじめ、多くの球団は期待の高卒選手にこの番号を背負わせる。  そうなのだ。「51」という数字を背 […]