与件の内側と外側─教室名フライヤー発表─【52守伝習座】

2023/10/04(水)20:20
img
この秋、インボイス制度が開始された。本来は消費税導入と同時に開始されるべきものだったという声もある。時間をかけて段階的に納税のシステムが整えられたと考えれば、これは社会が用意したひとつの物語だともいえる。

 

本来、物語には階層がある。時計が時を刻むような一定のリズムでは進まない。複数の物語が入り組んで同時に動いている。目の前の出来事をどう読み取りどう伝えるのか。それは「誰が誰に、なにを届けたいのか」によって、語られなおすべきものだ。

 

感門之盟「冠界式」で教室名を授かった52[守]の師範代たちは、教室の世界観をビジュアル化しフライヤーを作成した。「教室名」がもつワールドモデルを、編集的方法をつかって語りなおしたのだ。

 

「編集は与件から生まれるというのはどういうことか」レクチャーする吉村林頭。

 

教室名フライヤー作成というお題には、「内側の与件」「外側の与件」があるという。

 

フライヤーとしての機能をはたしているか。教室名が表している世界を引き取っているか。イシス編集学校の守という講座、そのなかの教室という包含的な階層を想定できているか。ここまでが「内側の与件」だ。

 

石井晴美師範代/変速シフト教室

歩行的思索を意味する校長の言葉「思速」をベースに、自身のバイク数寄を凝らし変速を表現した。

 

さらに、社会問題を背景にしたり旬の話題を差し込んだり、教室と社会をつなげるインターフェースとしてフライヤーを機能させたい。「外側の与件」が社会と編集学校の接点をつくる。編集をまだ知らない誰かが、フライヤーを介して編集を探し当てることができるようにしたいのだ。

 

町田有理師範代/校長バージョン教室

コップの見え方がかわれば世界がかわる。編集の型をつかって世界の見方を動かす編集稽古の世界を表現。

 

 

まじめだけでは遊びが不足する。町田は教室名にちなみ裏バージョンを作成し、デュアルな世界観をあらわした。誰に伝えるかによって表と裏をつかいわける。

 

多様で多層な世界を物語るフライヤーを介して、それぞれの教室にたどり着くのはどんな学衆だろうか。

 

一様でリニアなインボイスのストーリーすらも内包する、ノンリニアな編集稽古の世界で、相転移的な創発を体験してほしい。

 

 

イシス編集学校 基本コース[守] 秋講座 〜受付中!〜

稽古期間 2023年10月30日(月)~2月11日(日)

家族割、U23割あります。

詳細・申込はこちらから 

https://es.isis.ne.jp/course/syu

 


  • 阿部幸織

    編集的先達:細馬宏通。会社ではちゃんとしすぎと評される労働組合のリーダー。ネットワークを活かし組織のためのエディットツアー も師範として初開催。一方、小学校のころから漫画執筆に没頭し、今でもコマのカケアミを眺めたり、感門のメッセージでは鈴を鳴らしてみたり、不思議な一面もある。

  • イシスのアイドル?─ワークショップエディターとは

    ワークショップエディターの、ワークショップエディターによる、ワークショップエディターのための集いが開催された。この日、編集工学研究所入口の井寸房ではなにやら大仰なセットが組まれていた。ここで何が行われていたのか。答えは記 […]

  • 発想と発想のあいだの風景 ─師範エディットツアーレポ─

    長引いた酷暑が幕を閉じた10月。底冷えを感じさせる雨が降るなか、エディットツアー開催の準備を終えた師範陣はお互いに目配せをし、「この雨のなか、参加者は予定通り来てくれるだろうか」と、やや気弱になっていた。   […]

  • 編集的な「思考軸」をたどる ─エディットツアーレポ─

    社会の変化のスピードが加速している。コロナ禍によってリモートワークが浸透するなど、変わりそうもなかったことまでが大きく変化した。普通も常識も変わり続け、「正解」だったはずの手法や理屈があっという間に劣化する。既存のアウ […]

  • デーモンは巣ごもりしない 【52守伝習座 学匠メッセージ】

    今年の中秋の名月は幻想的で、アナザーワールドに誘われるようだった。   51守のラウンジをクローズする際、鈴木康代学匠はそうつぶやいた。暦のうえでは七十二候における「次候」。虫たちが土のなかでの巣ごもりの準備を […]

  • 交感なパイディア パイディアな交換【82感門】

    感門之盟Day2が開幕するほんの数時間前、50[破]柑橘パイディア教室の面々は本楼近くのある場所に集まった。突破式に先立って、教室の仲間でオススメ本の交換をしようというのだ。       & […]