時を超えた足元ミーム ~ウルトラマンからヘビへ~ 53[守]伝習座

2024/04/29(月)12:00
img

 福澤美穂子が[守]に帰ってきた。30期代で番匠として冨澤陽一郎学匠を支え、その後、物語講座や多読ジムで活躍している。久しぶりの[守]は福澤の目にどのように映ったのか。注意のカーソルが寄ったのは足元だった。


 

 感門之盟かと錯覚するほどに、伝習座当日の午前中のリハは熱かった。本気に満ちていた。ここ数年はイシス編集学校の秘境である物語講座と多読ジムに携わっており、[守]の伝習座の裏側に来るのは7年ぶり。
 異次元だった。前々日のリハでは、師範同士が互いに遠慮なく指摘し合う。さらにそれを受けて変更をかけ、当日リハがぐっと引き上がる。ここまで真剣に、入念に準備するのか。[守]の熱量は凄い。
 リハ開始前なのに身ぶり手ぶり大きく自主的に通しリハする角山師範。黒板の字は意外にきれいだ。遮られるまで語りを止めず、本番のように話し続ける相部師範と石黒師範。脇目もふらず、周囲を遮断し、打合せに集中する阿曽番匠と阿久津師範。
 生ぬるさはみじんもない。その気迫のままに、勢いよく伝習座が始まった。「みなさんなら、そこまで行ける」と康代学匠の声が響く。

 

 目を引いたのは、石黒師範の靴である。
 ヘビ柄だ。色っぽい。
 春風のようなやわらかな装いに一点、獲物を狙うヘビの気配。

 

 3月半ば、用法1「わける・あつめる」語りを指名された石黒師範は「実はもう、構想がありまぁす!」と勢いよく手をあげた。国立科学博物館の特別展『大哺乳類展3 わけてつなげて大行進』を絡めたい、と前のめり。「時代がイシスに追いついてきましたね!?」と意気込みを語る。ヘビは哺乳類ではないが、石黒師範は何か関連するものを身に着けたかったのだろう。カテゴリーを「動物」に広げた自在な編集力で颯爽と本楼に現れた。登壇する石黒師範を守るように足元のヘビは静かに輝いていた。

 今回の伝習座の参加者は、事前に第77回感門之盟校長校話「断点から断然へ」を視聴している。その中で校長は靴についてのヴィヴィアン・ウエストウッドの言葉を紹介した。靴から決めなさい、それから上に上がっていきなさい、靴を変えないでどうして女が変わりますか。靴という超部分に編集意図を込めること。石黒師範が体現したのは、このことだ。

 

 ふと、冨澤陽一郎前学匠を思い出した。伝習座や汁講などここ一番のときに、気合いを入れてウルトラマンデザインのスニーカーを履いていた。「かっこいい靴ですね」と指摘したときの、はにかんだ、少し自慢げな笑顔がよみがえる。
 時を越えて、足元編集のミームは受け継がれている。

 

文 福澤美穂子(53[守]師範)

アイキャッチ 石黒好美(53[守]師範)

写真 後藤由加里          

 

★第53期[守]基本コース
稽古期間:2024年5月13日(月)~2024年8月25日(日)
申込はこちら

  • イシス編集学校 [守]チーム

    編集学校の原風景であり稽古の原郷となる[守]。初めてイシス編集学校と出会う学衆と歩みつづける学匠、番匠、師範、ときどき師範代のチーム。鯉は竜になるか。

  • モノローグ、原風景から、その先の問いへ―53[守]特別講義前夜

    6月下旬、53[守]の各教室には、唐突に二つのお題が届いた。 一つめは「モノローグ」づくり。モノローグとは、演劇や映画の中で、登場人物が一人で語るセリフのこと。『ハムレット』の「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」と […]

  • 父と交わせば――井上麻矢×井上ひさし×53[守]師範

    7月14日、豪徳寺・本楼が「編集×演劇」の舞台となる。イシスコミッションのメンバーのひとりで、かつてイシス編集学校の[守]で学んだ井上麻矢さんが、53[守]特別講義を開催するのだ。 井上麻矢さんといえば、父である井上ひさ […]

  • 井上麻矢さんの『編集宣言』 舞台裏に駆けつけた【53守】

    井上麻矢さんが、53[守]の舞台に出演する。そんな話を聞きつけ、ZOOMへと向かった。イシス編集学校の花形演題『編集宣言』が7月14日に本楼で開催される。田中優子さん、大澤真幸さん、武邑光裕さんに続く、4人目の登壇者は […]

  • 53[守]特別講義、開催決定! 劇団こまつ座代表・井上麻矢さんが登壇

    井上ひさしに、「ゆれる自戒」という有名な言葉がある。    むずかしいことをやさしく、  やさしいことをふかく、  ふかいことをゆかいに、  ゆかいなことをまじめに、 誰もがこのとおりに表現できたらなあとあこがれる編集方 […]

  • 千波万波、到来!―53[守]開講

    「いざ、いまこそのインタースコアを!」と、イシス編集学校の校長、松岡正剛からのはなむけのメッセージが、5月13日正午に届き、18教室の15週間の[守]稽古が始まった。松岡は「この学校は知識を学ぶところではなく、どんな時 […]