41[花]ガイダンス が目つきをかえる

2024/05/03(金)12:05
img

 桜も葉桜へと着替えていく2024年4月20日(土)、イシス編集学校でも学衆から師範代にむけて、着替えの用意が始まった。41[花](5月11日開講)花伝所オンラインガイダンスでは、届いたばかりのインストラクションを手に、入伝生がきりりとした表情をみせた。

花伝所所長・田中晶子、平野しのぶ・林朝恵両花目付による三位一体ガイド&インストラクションは、減速しない華麗なバトンパスで、入伝生に問いを重ねた90分となった。

 

■OSを変える学び方へ:所長・田中

 花伝所は「道場稽古」あるいは「修行」によって「自分から離れていける」と田中は語った。バックミンスター・フラーの言葉、「訂正力こそがクリエイティビティ」を紹介し、「1つ指導されたら進んで10わかるくらいの先取り感覚をもってもらえたら」と、「地」を自由に動かしイメージが変わる方法を伝えた。前のめりのカマエが求められている41[花]。小刻みに、時に深く頷く入伝生に田中がその日届けた第一声は「すごい!」だった。校長・松岡正剛の「代」に向かう入伝生の気迫を察知したにちがいない。

 

■日本語力の達人になる:花目付・平野

 「鍛えるとは徹底的に真似る」ことだと平野はいう。遊刊エディストで校長が掲げた「師範代の5つの条件」から、「日本語の達人になる」ことを取り出し、花伝所の肝だと明言した。先達の指南を「盗む」ようにススメ、「書く、訂正して出す、推敲して出す」のフィードバック(FB)ループこそが指南を磨いていく方法であると示した。重ねてフィードバックループの言い換えを求め指名した。

 

KM:「自分のスタイルを最終的につくること」というのが印象的でした。
   手元にひとつひとつ引き寄せることを繰り返すイメージです。

 

入伝生は受け取った指南を、受け渡す側へとイメージを膨らませていく。入伝生同士、共読の場で鍛え合い、短い[花]の期間をやりきるようにと平野は背中をおした。(日本語の達人?)問いを握りしめた入伝生に更新がかかる。

 
■エディティング・セルフ:花目付・林

 「新しい価値って?」資料をレクチャーする林に問われた入伝生は戸惑った。「問感応答返」は問いがあるから、いつものセルフからエディティングセルフにむかっていけると謳う林。問いによって自由な躍動を興すロールが師範代で、自己を変化させながら相手も一緒に変わっていける場が教室なのだ。師範代も学衆も自分で探すしかない答えに「方法」をつかってむかっていくとき、新しい価値がうまれる。林は学衆と師範代の境にいる入伝生に向けて「瀬を渡っていくときに人の才能は開き、最も変化が表れる」と校長の言葉を引いた。
 この日、41[花]は原郷から旅立った。

 

文 新垣香子(錬成師範)

アイキャッチ 中村裕美(錬成師範)

 

【第41期[ISIS花伝所]関連記事】

41[花]夜稽古で書き伝える刀を研ぐ

53[守]伝習座「まなび」のゆくえ


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    編集的先達:世阿弥。花伝所の指導陣は更新し続ける編集的挑戦者。方法日本をベースに「師範代(編集コーチ)になる」へと入伝生を導く。指導はすこぶる手厚く、行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。所長、花目付、花伝師範、錬成師範で構成されるコレクティブブレインのチーム。

  • 41[花]夜稽古で書き伝える刀を研ぐ

    桜はピンク色の花から、緑色の葉へすっかり装いを変えた。時節が移ると変化がある。それは花伝所でも同じだ。前期をうけ、フィードバックをかけ、変化を起こす。    「エディスト練習会やります!」 花目付・林朝恵がボ […]

  • 「まなび」のゆくえ◆53[守]伝習座

    イシス編集学校のかなめは人。元・図書館司書から人材育成へとキャリアシフトし、専攻したドイツ語から方法日本へと原点回帰するのは花伝所きってのビブリオテカール、41[花]師範の山本ユキ。大学院で「学びの見える化」を日々研究す […]

  • 40[花]入伝式「物学条々」~塗師の入伝生・漆椀の道場五箇条

    京セラドームでプロ野球の日本シリーズが開幕した10月28日、豪徳寺では40期花伝所の入伝式が行われた。25名の入伝生は師範代になる道に向かって、原郷から旅立った。旅にはお供が欠かせない。入伝式では、頼れるお供の一つ「道場 […]

  • 【花伝SPエディットツアー】「編集指南」の秘伝、あります!

    フルタイムで仕事して、自宅では家事に子育て、加えて3度のご飯より指南が好き。師範代のポリロール的編集稽古日常は、仕事や生活シーンとも“地続き”だ。遊びから生まれるもの、対話から生まれるもの、不足から生まれるものを逃さずフ […]

  • 孵化して次を掴む

    39[花]孵化し冒険に旅立つ

    昨年の今頃、花伝敢談儀に出席できるかと私は悩んでいた。妻が臨月だったのだ。そのとき産まれた娘がもう1歳になる。 少し前まで寝ているだけだったが、いまはもう「ずりばい」をする。まだしっかり四つん這いになれないので、ずりずり […]