地下鉄のZONE ZPD OMEZAME□52[守]合同汁講レポ

2024/02/08(木)21:08
img

 12月30日は何の日だって? 真っ先に思い浮かぶのは「地下鉄記念日」です。昭和2年(1928年)のこの日、上野―浅草間2.2kmを黄色の車両が走ったんですから。当時のポスターには、誇らしげに「東洋唯一の地下鉄道」と文字が躍ってます。
 52[守」にとっての12月30日は? バックヤードを覗いてみれば、実は地下鉄開通並みの騒ぎでした。この日、指導陣と師範代が集うラウンジで、1月14日の「本楼合同汁講」に向けて、怒濤の交わし合いが始まったのですから。『地下鉄のザジ』だったら「けつ喰らえ」という大騒ぎです。
 大濱朋子師範代から「52守はわたしのもの」と、合同汁講を「自分ごと」として引き受ける宣言が飛び出せば、内村放師範代はすかさずオンラインミーティングを企図、周囲を巻き込んでいきました。開催までに同ラウンジで、138ものやりとりがあったことを付加しておきます。
 そうなんです。もひとつ付け加えるなら、12月30日といえば、番ボーも始まり、師範代たちは指南に大忙しだったのです。ですが師範代たちは“開通”に向けて、「汁講プランニング」を止めませんでした。

 

 リアルで集う合同汁講は、午前の部、14時の部、16時の部、と3チームによる別立ての開催になったのですが、16時の部だけは、オンラインとリアルのハイブリッド開催を敢行しました。集まったのは、高田智英子師範代の語部おめざめ教室、水野亜矢師範代の時々ゾーン教室、大濱朋子師範代の白墨ZPD教室の3つ。
 北は北海道の水野師範代、南は沖縄の大濱師範代、真ん中の滋賀からは阿曽祐子番匠、本楼には栃木から高田師範代が駆けつけました(高田師範代は、開始4時間前に駆けつけ、準備に余念がありませんでした)。学衆に目を転ずれば、本楼参加3名に加え、他の教室で学ぶ妻も誘って参加した学衆もいれば、アムステルダムや京都からZOOMにアクセスした学衆も。ゲストの平野しのぶ花伝師範、嶋本昌子花伝師範を交えた総勢20名の大所帯となったのです。

▲合同汁講のために福島から駆けつけた鈴木康代学匠(左)、汁講進行を笑顔でリードした高田師範代(中)、テクニカルを一手に引き受けた縁の下の力持ち、阿久津健師範(右)。阿久津師範の奥の画面には、ZOOMに参集した学衆の顔が見える。

 

 少女ザジのパリの2日間を描いたレイモン・クノーの『地下鉄のザジ』(生田耕作訳/中公文庫)には、女装ダンサーのガブリエルおじさんをはじめ、“多様性”という言葉では括れない人々が次々と登場します。しかし考えてみれば、この合同汁講に集った20名は、世間の属性を脇に置いたぶん(ついでに世間のルールも脇に置いたせいで)、『地下鉄のザジ』さながらのごった煮となったのでした。

 

 ごった煮で何ができたかって? 少しだけその成果をご覧に入れましょう。
 選本した1冊から教室を見立てる「本で教室見立て」をとっかかりに、本楼参加者が本楼の中から本を1冊選んで、掛け合わせる「本で教室キャッチフレーズ」というワークを行いました。ざっくりまとめれば、参加者は6万冊の本楼をめぐりつつ、本で遊び尽くしたのでした。
 これが、出来上がった「キャッチフレーズ」です。

 

●語部おめざめ教室

『語り芸パースペクティブ』(玉川奈々福編著/晶文社)×『あゝ、荒野』(寺山修司/角川文庫)×『花さき山』(斎藤隆介・作、滝平二郎・絵/岩崎書店)×本楼本『戦国のコミュニケーション』(山田邦明/吉川弘文館)

→ 擬型 千形 桜吹雪

「師範代の声が教室の隅々まで、遠くに近くに響いている」(Oさん)、「この教室は情報を先入観なくフラットに扱ってくれる」(Iさん)、「教室に色んな花が咲いている」(Yさん)という教室見立てから、連想がめざめていった。生まれ出た共通ワードは、花咲く吉野山を縦横無尽に駆け回った「義経」だ。ここから編集が入る。義経を音読みにして、ギケイ。ギケイとは、「擬き(モドキ)」の型。「擬き」の型から、千のカタチとなっていく。学衆と師範代の「語り」は、千の花片になって舞う。桜吹雪だ。「最後にみんなで花を咲かせましょう!」。教室の目指す方向が決まった。(高田智英子師範代)

 

●時々ゾーン教室

『ぶらんこ乗り』(いしいしんじ/新潮文庫)×『オーデュボンの祈り』(伊坂幸太郎/新潮文庫)×『没後400年 長谷川等伯 特別展覧会図録』(毎日新聞社)×本楼本『百人一酒』(俵万智/文春文庫)

→ 個性を収穫し、思考を醸す 時々ゾーンどぶろく

学衆に酒好きが多数いる。そんな特徴からOYさんが本楼で選んでくれたのが『百人一酒』だったが、「連想シソーラス」すると、お酒の名前、酒場、ブレンド、酒造りと、あっという間に「酒」尽くしになった。OSさんが進行ロールを担い、出てくるアイデアに合いの手を入れ、「型」を差入しつつリードした。そして生まれたのが、「個性を収穫し、思考を醸す」。ビールかウイスキーのCMキャッチコピーのようだ。ラストの詰めで、Tさんが「教室」を「どぶろく」に置き換えた。原料を濾さない「どぶろく」に教室模様を見たのだろう。一気に「日本らしさ」が起爆した。その日参加していない教室仲間の「日本好き」が「ないものフィルター」でアフォードされた。(水野亜矢師範代)

 

●白墨ZPD教室

『千夜千冊エディション 仏教の源流』(松岡正剛/角川文庫)×『深夜特急』(沢木耕太郎/新潮文庫)×『蟲師』(漆原友紀/講談社)×『フラジャイル』(松岡正剛/ちくま学芸文庫)×本楼本『工芸 日本史小百科』(遠藤元男、竹内淳子/近藤出版社)

→ トンネルの先の白

教室を引っ張ってくれている参加者のAさんから、事後、「たくさんの皆さんが集うと、いろんな感受性に触れ合うことができ、10分位で触発連鎖するんだなと実感した」との声が漏れた。そう、ここは感受性が集う場所。オランダからも千葉からも沖縄からも、誰もが何かを求めやってきた。ここ(教室)は、ワクワクもあるけれど、儚く脆く消えそうで、未完成で不安で痛くもあった。だから「その先」を求める。トンネルの中で苦悶しながら、その暗闇で皆の揺れるプロフィールを重ねながら、深夜特急が夜を駆けるように、「その先」の「白」を目指すのだ。「その先」は2月11日のその向こう。超えた時に私はみんなと一緒にいたい。(大濱朋子師範代)

 

 パリの2日間を終えたザジの元に、母親が迎えに来ます。何をしていたのかと問われたザジはこう答えるのでした。
「年を取ったわ」

 

 パリの2日間は、少女ザジにとって密々で、しかも加速度的な変化の中にありました。そりゃあ年も取ります。ですが、ザジの2日間に勝るとも劣らない濃密な時間の流れが、ここにありました。


 ハイブリッドの「本楼合同汁講」は、わずか2時間の出来事でしたが、参加者の誰もが同じ事を思ったはずです。なんて濃いんだ、と。編集によって、時間はいかようにも濃くなるのです。今まで閉じていた連想の扉が開き、お互いの思考が開通し合った時間でした。
 そして時々ゾーン教室は思考の発酵へと向かい、語部おめざめ教室は「サクラサク」を目指し、白墨ZPD教室はトンネルの先へと歩き出したのでした。

 

取材・文/大濱朋子、高田智英子、水野亜矢
構成・文/角山祥道


その先→ ◎第52期[破]応用コース◎

●期間   :2024年4月22日(月)~2024年8月11日(日)
●申込締切 :4月7日(日)
●申込先  :https://es.isis.ne.jp/course/ha
●問い合わせ:isis_editschool@eel.co.jp


  • イシス編集学校 [守]チーム

    編集学校の原風景であり稽古の原郷となる[守]。初めてイシス編集学校と出会う学衆と歩みつづける学匠、番匠、師範、ときどき師範代のチーム。鯉は竜になるか。

  • ただ、ボウズでは終わらせない―52[守]近大番

       「坊主」とは、髪を剃った僧侶を指す。放っておいても生えてくる髪の毛は、消そうとしても消せない煩悩の象徴。剃髪することで、煩悩を打ち消す第一歩と言われる。    一方で、「ボウズ」とは、釣り人のス […]

  • イシスが産むマニエリスム――52[守]特別講義

    イシス編集学校に現れたマレビト、武邑光裕氏が送る特別講義。「インタースコア力」と、「ミメロギア特別賞」のEdistに続き、本Edistでは、その講義の様子をお伝えする。   武邑氏は、講義の導入に、社会科学者の […]

  • ミメロギア、武邑光裕特別賞発表――52[守]特別講義番外篇

    学衆の回答を見た武邑光裕さんから漏れてきたのは、「ここまで(作品が)広がりを持つのはすごい」という言葉だった。    実は、1月21日に行われた52[守]特別講義「武邑光裕の編集宣言」に際し、武邑さんからは同 […]

  • 遠くの月からミメロギア──風月盆をどり教室初汁講レポート 52[守]

    Zoom画面に「風月盆をどり教室 謹賀新年汁講」の文字が浮かび上がる。第2回番ボー〆切直前、学衆たちを月夜の別世界に連れ出す汁講が開かれた。普段テキストでやり取りする学衆・師範代たちが初めて顔を合わせる。冒頭、学衆・山 […]

  • 子どもと膜でアメーバに――52[守]師範、数寄を好きに語る

    数寄のない人生などつまらない。その対象が何であれ、数寄を愛でる、語るという行為は、周囲を巻き込んでいく――。 開講直後の52期[守]師範が、「数寄を好きに語る」エッセイ。第2弾は、総合診療医でもある遠藤健史師範が語る。遠 […]