39[花] 入伝式「口伝で学(まね)ぶ」

2023/05/25(木)10:16
img

 京都祇園の黒七味といえば、元禄の頃より一子相伝で守り伝えられてきた秘伝のスパイスだ。ここのカレーライスがまた絶品で、シビレる辛さが病みつきになる。お店のウェブサイトによれば、原料の持つ油分を挽き出し、丁寧に揉みこむことで原料同士が調和し、独特の濃い茶色になるのだという。混ぜ合わせてつくる七味とは製法からして異なるらしい。秘伝は「口伝」とも呼ばれる。往々にして口頭で伝えられてきたからだ。日本では秘伝や口伝がとくに大事にされてきた。イシス編集学校の師範代養成講座である花伝所も、また口伝である。


 今期花伝所の入伝式が本楼で行われた。4部構成のプログラムの最後は、花傳式部の深谷もと佳のインストラクションによる「別紙口伝」である。『風姿花伝』(花伝書)に肖った花伝所のクライマックスはやはり「別紙口伝」なのだ。

 「口伝ってなんだろう?」白い衣装を纏った深谷が口火を切ると、本楼の後方からスッと手が上がった。入伝生Hが「声と文字の違いですよね」と応じる。「そう、だから口伝にはボディが必要。師と弟子が身体を使って受け渡していくものだから、リアルでライブなのだ」と深谷は続ける。

 「では、師範代の”代”とは?」と問いを重ねる深谷に入伝生Tの手があがる。「自分ではないだれかをブラウザーにして、自分の代わりにしていくことでしょうか」確かにひとつの見方に拘りすぎて別の視点を持てなくなる場面はよく目にする。自分の意見を持つように、と学校で教えられてきたこともあるだろう。「確かにそこにあるはずのもの、イシツをインタースコアしたいのに、自分が顔を出す」と入伝生Iが自由になれない苦しさを吐露すると、すかさず深谷が「なにかが自分の代わりになると自由になれるの?」と踏み込む。会場は徐々に熱を帯びてくる。カツカツと深谷が板書する白墨の音が響く。

 

 花伝所で入伝生たちが手に入れようとしているのは、編集工学で「編集的自己」と呼ぶものだ。「じゃ、編集的自己じゃない”自己”とは?」さらに深谷の問いが追いかける。「編集的じゃないときは排他的だ」と入伝生Oが発言すると、「わたし、という主語が動かせないから、述語が見えなくなる」と別の声が重なる。入伝生Aは「環境と自分とのアイダを断ち切ってしまうと編集的自己になれない」と自分の外側に意識を向ける見方を示した。

 深谷は編集的自己に対する「実」を、感染症に準えて免疫的自己と表現した。想定外のことを言われたらどうしよう、と守りに入ってしまう構えが免疫反応的な「実」だとすれば、対する編集的自己は「虚」である、と。虚と実は二項対立ではなく、つねに移ろっている。互いに出入りし、行き来するものだ。「代」になるとは、その関係を引き受けることにほかならない。「たくさんのわたし」を持ち出して、述語的になっていくプロセスなのだ。

 

 花伝所には「式目」と名付けられたリテラルに結晶化されたテキストがある。しかし、それだけで「代」になる方法を学ぶことはできない。深谷は講義の冒頭で「モデル交換がヒツゼツなのだ」と声を強めた。松岡正剛校長も『知の編集工学』(朝日文庫)で「コミュニケーションはエディティング・モデルの交換である」と繰り返し述べている。インタラクティブで濃密な80分間は、まさにエディティング・モデルの交換の場だった。このエディティング・モデルの交換という奥義こそ、花伝所における口伝だろう。この先の、わずか7週間で、入伝生たちは口伝の奥義を身体に通し、おもいおもいの衣装を纏った師範代へと着替えていく。編集的自由を手にいれるための旅立ちである。

 

【参考記事】

花伝式部抄::第2段::「エディティング・モデル」考

 

文 山本ユキ

アイキャッチ写真 後藤由加里

 

【第39期[ISIS花伝所]関連記事】

39[花] 入伝式「物学条々」-世界に向かうカマエをつくる

師範代にすることに責任を持ちたい:麻人の意気込み【39[花]入伝式】
◎速報◎マスクをはずして「式部」をまとう【39[花]入伝式・深谷もと佳メッセージ】
◎速報◎日本イシス化計画へ花咲かす【39[花]入伝式・田中所長メッセージ】
ステージングを駆け抜けろ!キワで交わる、律動の39[花]ガイダンス。


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    編集的先達:世阿弥。花伝所の指導陣は更新し続ける編集的挑戦者。方法日本をベースに「師範代(編集コーチ)になる」へと入伝生を導く。指導はすこぶる手厚く、行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。所長、花目付、花伝師範、錬成師範で構成されるコレクティブブレインのチーム。

  • 40[花]入伝式「物学条々」~塗師の入伝生・漆椀の道場五箇条

    京セラドームでプロ野球の日本シリーズが開幕した10月28日、豪徳寺では40期花伝所の入伝式が行われた。25名の入伝生は師範代になる道に向かって、原郷から旅立った。旅にはお供が欠かせない。入伝式では、頼れるお供の一つ「道場 […]

  • 【花伝SPエディットツアー】「編集指南」の秘伝、あります!

    フルタイムで仕事して、自宅では家事に子育て、加えて3度のご飯より指南が好き。師範代のポリロール的編集稽古日常は、仕事や生活シーンとも“地続き”だ。遊びから生まれるもの、対話から生まれるもの、不足から生まれるものを逃さずフ […]

  • 孵化して次を掴む

    39[花]孵化し冒険に旅立つ

    昨年の今頃、花伝敢談儀に出席できるかと私は悩んでいた。妻が臨月だったのだ。そのとき産まれた娘がもう1歳になる。 少し前まで寝ているだけだったが、いまはもう「ずりばい」をする。まだしっかり四つん這いになれないので、ずりずり […]

  • 39[花]「代」の可能性

    ■モンスターの躍動 大谷翔平と天気予報は毎朝のニュースに欠かせない。WBC決勝戦も二刀流。MLB の歴史を覆すヒーローの躍動は注目せずにはいられない。モンスターの生みの親はWBC2023チームジャパンの栗山監督だ。既存の […]

  • 39[花]学びの場に注がれる光

    13歳の時、ゴッホの『星月夜』を観て世界が揺らぐ音を聞いた。澄んだ夜空を照らす月明かりは、縺れながら消え、消えながら縺れ通過する風に陰影を投じる。その刹那、ゆらめく光は瞼の奥に息を吹きかけ笑う。「こっちもあるよ」。そこ […]